スロースターターの針槐のフリーシアも始動していました

スロースターターの針槐(はりえんじゅ)のフリーシアも始動していました。

スロースターターの針槐(はりえんじゅ)のフリーシアも始動していました。

おはようございます。
一日の中でも、初夏と冬を行き来しているような、
素敵な季節になってきましたね。
雪山に夏雲の背景もなかなか乙なものですね。
今日も最高の一日を存分にお愉しみください!^^

今日は何の日? 4月20日

  • 穀雨(こくう)
    二十四節気の1つ。
    太陽の黄経が30度の時で、田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ。

  • 郵政記念日
    逓信省(現在の日本郵政グループ)が1934年に「逓信記念日」として制定。逓信省が郵政省・電気通信省の二省に分割された1950年に「郵政記念日」と改称、1959年に「逓信記念日」に戻されたが、2001年の省庁再編に伴い再び「郵政記念日」となった。
    1871(明治4)年3月1日(新暦4月20日)、それまでの飛脚制度に代わり新しく郵便制度を実施した。
    東京・京都・大阪の三都市と東海道線の各駅で、郵便物の取扱、切手の発行が始まった。翌年にはほぼ全国的に実施された。

  • 青年海外協力隊の日
    1965年のこの日、青年海外協力隊(JOCV)が発足した。
    青年海外協力隊では、アジア・アフリカ・中南米を中心とする発展途上国の国作りを支援する為に、2000人を超える満20歳から39歳までの人達がボランティアとして活躍している。

  • 女子大の日
    1901年のこの日、日本初の女子大学である日本女子大学校(現在の日本女子大学)が開校したことにちなむ。

  • マリファナデー(アメリカ合衆国)
    アメリカ合衆国やカナダの大麻のカルチャーにおいて「420」は大麻を指す隠語であり、4月20日にはアメリカの多くの大麻使用者がこの日を祝うために集まる。

  • 百間忌,百鬼園忌,木蓮忌
    小説家・随筆家の内田百間の1971年の忌日。
    百間のペンネームは幼い頃に遊んだ百間川に因み、また「借金」の語呂合せから百鬼園とも名乗っていた。
    東京中野区金剛寺の句碑木蓮や塀の外吹く俄風から木蓮忌とも呼ばれる。

今日の誕生花 4月20日

  • 梨(なし)
  • 芝桜(しばざくら)
  • 射干(しゃが)
  • 花菱草(はなびしそう)
  • ディモルフォセカ

針槐 はりえんじゅ

スロースターターの針槐(はりえんじゅ)のフリーシアも始動していました。

遅くスタートして、
一気にごぼう抜きするタイプの針槐のフリーシアは、
すっかり我が家のシンボルツリーになってきました。
私の部屋のエアコンでもあり、大切な家族ですね。

今年もどこまで大きくなるのか、
本当に楽しみです。

針槐 はりえんじゅ の花言葉

「慕情」「親睦」「友情」「優雅」
「頼られる人」「偽りの愛」「甘い誘惑」

チャレンジをやめないこと、やり続けることが、自然界の事の成就の最大の秘訣である!

スロースターターの針槐(はりえんじゅ)のフリーシアも始動していました。

どんなタイミングでスタートしても、
持ち味を最大に生かしていけば、
どこまでも成就を味わえるのが、
自然界の大きな醍醐味ですね。

始めるのに、遅すぎることも、早すぎることもありません。

大切なことは、途中で諦めることなく、
探求を続けていくことです。

これを人間は、
始めるタイミングや状況などを、
勘案することばかりに気を取られて、
やり尽くすこと、やり続けることが、疎かになってしまって、
事の成就を逃してしまうケースが多すぎますね。

心が感じた瞬間が、最適期で、
年齢などは一切関係なく、
可能性だけがそこにあるのが、
自然界の素晴らしいところです。

どうぞ、今日も、
常に自分自身を超えることだけに意識を向けて、
心が感じたことに即座にチャレンジしていってください。

そのチャレンジをひたすら続けていってください。

諦めさえしなければ、
自然界での真の夢は、
必ず実現していくことを、
今日も大いに実感できる、
素敵な一日になりますね!

今日も可能性を存分にお愉しみください!^^

(浜本哲治)


コメント


認証コード5154

コメントは管理者の承認後に表示されます。