寒くなるほどに、燃え上がってきている山茶花です

寒くなるほどに、燃え上がってきている山茶花(さざんか)です。

寒くなるほどに、燃え上がってきている山茶花(さざんか)です。

おはようございます。
早朝は日の出が近くなるほどに、
気温が下がっていくのを感じます。
この自然の刺激がたまらないですね。
今日も良い日になりそうですね!^^

今日は何の日? 1月12日

  • スキー記念日/スキーの日
    スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが1994(平成6)年に制定。
    1911(明治44)年のこの日、オーストリアのレルヒ少佐が新潟県の高田陸軍歩兵聯隊の青年将校にスキーの指導を行い、日本人が初めてスキーを行った。

  • 桜島の日
    1914年のこの日、鹿児島県の桜島で、史上最大の大噴火が始った。
    35人の死者を出し、流出した熔岩によって対岸の大隅半島と地続きになった。

  • ザンジバル革命記念日(タンザニア)
    1964年のこの日のザンジバル革命を記念。

  • 青年の日(インド)
    インドの宗教家・ヴィヴェーカーナンダの1863年の誕生日。
    1984年にインド政府が制定し、翌1985年から実施。

今日の誕生花 1月12日

  • 庭薺(にわなずな)
  • 福寿草(ふくじゅそう)
  • 春山茶花(はるさざんか)
  • 金盞花
  • ラケナリア

山茶花 さざんか

寒くなるほどに、燃え上がってきている山茶花(さざんか)です。

真っ赤な花色の山茶花が、
花を増やすほどに、
寒さが本格的になってきました。

松明の炎が大きくなって、
暖めてくれているようです。

山茶花の温かさに触れながら、
寒さを愉しんでいきたいですね。

山茶花 さざんか の花言葉

「困難に打ち勝つ」「ひたむき」「ひたむきな愛」
「謙譲」「謙遜」「謙虚」「愛嬌」
「理想の恋」「素直」「飾らない心」

あらゆる刺激を推進力に変換していく術を身につけることだ!

寒くなるほどに、燃え上がってきている山茶花(さざんか)です。

寒くなるほどに燃え上がる山茶花のように、
自然の刺激、遭遇する現象の刺激は、
どんどん進化へと変換していきたいですね。

本来、人間の体温調節機能などの、
基本的な機能を見てもわかるように、
逆風のように見える刺激を、
見事に推進力に変えていくことは、
できるようになっています。

ただ、人間の場合には、
安易に環境を変えてしまおうとして、
その本来備わった機能が低下して、
結果的に機能はもとより、
思考までもが刺激を生かせなくなっています。

もっと、刺激はできるだけそのまま受け止めて、
本来持ち合わせている機能の、
活性化に繋げていくことですね。

刺激を避けることや、
環境を変えてしまう術ばかりを身につけても、
どんどん自らが苦しんでいくだけになります。

それが自然界の原理ですね。

どうぞ、今日も、
自然の刺激、現象の刺激は、
しっかりと受け止めて、
いかに推進力に変えていけるかに、
チャレンジしていってください。

寒さを感じるからこそ、
体温調節機能が働いて、
暖かく燃え上がらせていくような能力は、
思考するまでもなく、人間の本来能力です。

それを思考で考えてしまうから、
不自然な方向に進んでしまっています。

脳は遭遇した現象から、
瞬時にその本質を見極めています。

その脳の反応のままに、
沿っていくのがいいでしょう。

思考を手放すことは、あらゆる場面で有効です。

刺激を全て、推進力に変えられる術を身につけた今日も、
刺激を余さず受け止められる、
素晴らしい一日になってきますね。

今日も素敵な一日をお愉しみください!^^

(浜本哲治)


コメント


認証コード6887

コメントは管理者の承認後に表示されます。