河津桜の蕾は、もう膨らんできています

河津桜(かわづざくら)の蕾は、もう膨らんできています。

河津桜(かわづざくら)の蕾は、もう膨らんできています。

おはようございます。
今朝も身が引き締まるような冷たい空気が、
とても心地よく目覚めを誘ってくれました。
自然に身を委ねて、今日も快適な一日をお愉しみください!^^

今日は何の日? 12月15日

  • 年賀郵便特別扱い開始
    この日から12月25日までの間に年賀状を投函すると、翌年1月1日に届く。

  • 観光バス記念日
    1925(大正14)年のこの日、 東京乗合自動車により日本初の定期観光バスである「ユーランバス」の運行が開始された。
    皇居前~銀座~上野のコースを走った。

  • ザメンホフの日(Zamenhofa Tago)
    国際語・エスペラントを考案したザメンホフの1859年の誕生日。
    世界各地でエスペラント使用者がザメンホフ祭(Zamenhofa Festo)などの催しを開く。

  • 権利章典の日(アメリカ合衆国)
    1791年のこの日、 アメリカ合衆国憲法の初の修正条項である権利章典が発効した。

  • 王国記念日(Koninkrijksdag)(オランダ)
    1954年のこの日、オランダ王国憲章が制定された。

今日の誕生花 12月15日

  • 沈丁花(じんちょうげ)
  • 薔薇(ばら)
  • モレア
  • オキザリス
  • 寄生木(やどりぎ)

河津桜 かわづざくら

河津桜(かわづざくら)の蕾は、もう膨らんできています。

我が家で3度目の春になるでしょうか。

2月には咲き始めて、
3月中咲き続ける桜、河津桜の蕾が、
膨らんできています。

今年はグンと枝を伸ばしてきました。

近所に出かけた時には、
もう咲いている桜もありました。

今年も美しい花で、春の花見を長く楽しませてもらえそうです。

河津桜 かわづざくら の花言葉

「思いを託します」「淡泊」「純潔」
「優れた美人」「精神美」

可能性の広がる、見方、捉え方をすることだ!

河津桜(かわづざくら)の蕾は、もう膨らんできています。

開花のタイミングは、それぞれに適期があります。
それは自然が咲かせてくれて教えてくれます。

これを人間が考えて、
無理に咲かせようとしても、
決して美しい花は咲きません。

人間の場合、同じタイミングで咲くものと、
決めつけて考えてしまう傾向にありますが、
これでは、能力は充分に引き出せません。

同じような花でも、
それぞれにタイミングは違いますし、
予想もしない、とんでもないタイミングで、
咲かせることだってあります。

自然界の存在は誰しも、
無限の可能性を備えていますからね。

自分自身はもちろんのこと、
あらゆる存在に対して、
そういう目で見ていくことが大切ですね。

そこから、自然界の可能性の奥深さも、
実感できるようになるでしょう。

どうぞ、今日も、
過去の体験に縛られることなく、
可能性が広がる楽しみ方を、
あらゆる場面で試みてください。

決めつけた見方をしなければ、
あらゆるものの可能性は広がっていきます。

今日も想像もしない驚きに出会えることを楽しみに、
あなたの心を解き放って、全てと触れ合ってください。
きっと、素敵な遭遇がたくさんある、
最高の一日になりますね。

今日も心ゆくまでお愉しみください。^^

(浜本哲治)


コメント


認証コード2132

コメントは管理者の承認後に表示されます。