葉が落ちて、枝に実が残っている今の季節は、栴檀がわかりやすいですね

葉が落ちて、枝に実が残っている今の季節は、栴檀(せんだん)がわかりやすいですね。

葉が落ちて、枝に実が残っている今の季節は、栴檀(せんだん)がわかりやすいですね。

おはようございます。
空気が軽く、澄んだ朝になりました。
山々が近くに、鮮明に見える季節になってきましたね。
今日も素敵な一日をお愉しみください!

今日は何の日? 12月13日

  • 正月事始め,煤払い,松迎え
    年神様を迎える準備を始める。
    昔はこの日に、門松やお雑煮を炊くための薪等、お正月に必要な木を山へ取りに行った。
    江戸時代中期まで使われていた宣明暦では、旧暦の12月13日の二十八宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているので、正月の年神様を向かえるのに良いとして、この日が選ばれた。その後の暦では日附と二十八宿とは一致しなくなったが、正月事始めの日附は12月13日のままとなった。

  • 美容室の日
    美容師の正宗卓さんが2003年に制定。
    12月は美容室に多くの客が訪れる月で、13日は「13」をくっつけるとBeautyの頭文字Bになることから。
    美容界全体で社会貢献をしようと、盲導犬育成のための募金を呼び掛けている。

  • ビタミンの日
    『ビタミンの日』制定委員会が2000(平成12)年9月に制定。
    1910(明治43)年のこの日、鈴木梅太郎博士が、米糠から抽出した脚気を予防する成分に「オリザニン」と命名したことを東京化学会で発表した。
    オリザニンは後に、この1年後に発見されたビタミンB1と同じ物質であることが判明した。

  • 双子の日
    1874(明治7)年のこの日、「双子の場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」という太政官指令が出された。
    それまでは、後に産まれた子を兄・姉とする地方もあった。

  • 聖ルチア祭
    眼・視覚障害者の守護聖女「聖ルチア」の聖名祝日。
    ルチアは3世紀のイタリア・シチリアの貴族の娘であるが、母の病が聖アガタの墓前での祈りにより全快した奇跡により、終生貞潔を守り神に仕えることを決意した。ルチアには異教徒の婚約者がいたが、彼女がキリスト教徒となったことに失意し国に密告した。改宗を拒んだことから売春婦となる刑が言い渡されたが、奇跡が起きて彼女の体はその場から動かなくなった。そこで拷問として両目がえぐり出されたが、奇跡が起き目がなくても見ることができたという。
    スウェーデンでは、クリスマスに若い女性が「ルチアの花冠」を被ってパンとコーヒーを恵まれない人に配る風習がある。

  • 共和国記念日(マルタ)
    1974年のこの日、地中海の島国マルタが、英国王を国家元首とする英連邦王国から共和制に移行した。

  • ナショナルデー(セントルシア)
    クリストファー・コロンブスがセントルシア島を「発見」したのが聖ルチアの祝日であったとされることから。

今日の誕生花 12月13日

  • 菊(きく)
  • ピンクッション
  • チランジア
  • デンドロビューム
  • カトレヤ
  • クリスマスローズ

栴檀 せんだん

葉が落ちて、枝に実が残っている今の季節は、栴檀(せんだん)がわかりやすいですね。

葉が落ちても、クリーム色の栴檀の実が、
しばらくは枝に残っているので、
この季節は、栴檀がわかりやすいですね。

身近で見つけておいて、
落ちた小枝などを煎じて、
これからのインフルエンザや風邪対策に活用したいですね。

今年もお世話になりそうです。

栴檀 せんだん の花言葉

「意見の相違」

栴檀などの、自然のものを自然のまま活用する術を身につけることだ!

葉が落ちて、枝に実が残っている今の季節は、栴檀(せんだん)がわかりやすいですね。

仕事柄、病院にもよく行く機会があるのですが、
この季節は、風邪などを少しもらってきたりしますが、
我が家には、心強い味方、栴檀(せんだん)がいてくれるので、
もう何年も、風邪をもらったかなと感じても、
ひいてしまうことはありません。

予防接種やワクチン、もちろん薬などが、
菌を不活性化することができないところ、
この栴檀は、それを実現しているようですね。

これは、毎年体感としてもわかります。

ぜひ、身の回りで栴檀の木を見つけておいて、
落ちた小枝などを拾って、
冬の季節の風邪、インフルエンザ対策に活用してください。

この栴檀の効果は、
こちらに、簡単にまとめています。
http://www.pt-hamamoto.biz/fwd3/sendan

小枝をハサミなどで切って、
ハーブティを入れる要領で、
飲むだけでも効果的ですね。

数分間煮出してもいいですね。

自然界の問題は、自然界で解決できます。
人間はすぐに抽出したり、精製したりしますが。

薬には、必ず副作用がありますし、
薬が病を治すことはありません。

薬に関することは、
こちらにまとめてあります。
http://www.pt-hamamoto.biz/fwd3/medicine

おかしくなった身体の状態を、
根源から治していけるのは、
自然のそのままの恵みと、
自分自身の治癒力、生命力だけです。

どうぞ、今日も、
何よりも大切な健康のために、
自然のままの恵みを、
できるだけ多く摂ること。

そして、その恵みを身体の血肉にしっかりとしていくために、
上質な睡眠を心がけてください。

体調が少しおかしくなった時に、
その病の進行を抑えるためにも、
できるだけ、自然のものを自然なまま活用していく術を、
身につけていってください。

薬は必ず全て手放せます。

健康のために、ぜひ実現していってください。

今日も健康を感じて、笑顔の溢れる、素敵な一日をお愉しみください!^^

(浜本哲治)


コメント


認証コード8118

コメントは管理者の承認後に表示されます。