夏椿、沙羅の木の芽吹きです

夏椿(なつつばき)沙羅の木(しゃらのき)の芽吹きです。

夏椿(なつつばき)沙羅の木(しゃらのき)の芽吹きです。

おはようございます!
しびれる空気の冷たさに、
身体がついていく快感が、エネルギーになりますね。
今日も素敵な一日になりますね!

今日は何の日? 1月16日

  • 籔入り
    昔、商店に奉公している人や、嫁入りした娘が、
    休みをもらって親元に帰ることができた日。
    この日と7月16日だけ実家に帰ることが許されていた。

  • 初閻魔・閻魔賽日・十王詣
    正月16日と7月16日の閻魔賽日
    (地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休むとされる日)に、
    寺院で十王図や地獄相変図を拝んだり、閻魔堂に参詣したりすること。
    十王とは地獄にいて亡くなった人の罪を裁く10人の判官のことで、
    特に閻魔王のことを指す。

  • 禁酒の日
    1920(大正9)年のこの日、アメリカで禁酒法が実施された。
    清教徒(ピューリタン)の影響が強かったアメリカでは
    アルコールに対する強い批判があり、
    20世紀初頭までに18の州で禁酒法が実施されていたが、
    これが全国に及んだ。
    飲料用アルコールの製造・販売等が禁止されたが、
    密造酒による健康問題や、アル・カポネを始めとする
    密売にかかわるギャングの出現等逆効果を招いたため、
    1933(昭和8)年2月に廃止された。

  • 囲炉裏の日
    「い(1)い(1)炉(6)」の語呂合せ。

  • 念仏の口開け
    年が明けて初めて、仏様を祀って念仏をする日。
    正月の神様(年神様)が念仏が嫌いであるということから、
    12月16日の「念仏の口止め」からこの日までの正月の間は
    念仏は唱えないこととされている。

  • 教師の日 タイ

今日の誕生花 1月16日

  • 風信子 ひやしんす
  • 金魚草 きんぎょそう
  • 満作 まんさく
  • デンドロビューム
  • 喇叭水仙 らっぱすいせん
  • 沈丁花 じんちょうげ
  • スノードロップ
  • バコパ
  • 薔薇 ばら ローズ

夏椿 なつつばき 沙羅の木 しゃらのき

夏椿(なつつばき)沙羅の木(しゃらのき)の芽吹きです。

初夏の頃を彩ってくれる夏椿(なつつばき)
別名、沙羅の木の、
これまた、可愛らしい芽吹きです。

決して成長の速い子ではありませんが、
毎年、様々に変化する姿で、
梅雨の季節に咲く、白い花とともに、
楽しませてくれています。

今年も元気ですね。

夏椿 なつつばき 沙羅の木 しゃらのき の花言葉

「愛らしさ」

思考を手放すこと、囚われを手放すことの
コツは、ぜひ掴んでください!

夏椿(なつつばき)沙羅の木(しゃらのき)の芽吹きです。

人間も含め、自然界で暮らす、
未来を創造していく存在は、
今を生きるしかありません。

過去にも未来にも生きることはできません。

その今を充実させて最高を、最幸を感じながら、
過ごしていくためには、
創造したい未来を創っていく今にすることですね。

この時に、心や思考がどこに、何に、
フォーカスされているかが、とても大切なことになります。

囚われ、こだわりを手放した方がいいことは、
可能性や実現力、創造力を高めていくために必要なことですが。

例えば、過去や起こってしまったことは、
どうにもならないことなので、
手放した方がいいことは理解、実践できても。

意外と未来に囚われている人は多いものです。

心配事などは、まさにそれですが。
未来は、まだ起こっていないことですから、
起こってしまったことを、悔やんだり、
囚われたりするのと同じように、
あまり意味のないことです。

また、未来に囚われることは、
その囚われた未来に、
心や意識、思考がフォーカスしているわけですから、
今のアクションが、その未来を創造するものに、
なってしまいますから注意が必要ですね。

心配事などに囚われると、
寝ても覚めても、それに囚われることが多いですが。
まさに、この捉えて放さないフォーカス、ロックオンは、
実現させたい未来にしていくことですね。

そして、過去の囚われを手放すことも、
未来への囚われを手放すことも、コツは同じですが。
手放そうとするよりも、
新たなものを掴もう、フォーカスしよう、
ロックオンしようとすることです。

手放したい囚われがあった場合に、
それを手放そう、手放そうと意識を向けることは、
さらに強くフォーカスすることになってしまいますからね。

人間は一度には、その瞬間には、ひとつのことにしか、
意識、思考をを向けられません。

このメカニズムを上手に活用することですね。

どうにもならないこと、どうでもいいことに、
思考や意識がフォーカスしそうになったら、
囚われていることに気づいたら、
常に、フォーカスチェンジできる、
ときめく夢を持っておくことですね。

そのためには、夢を常に進化させて、
新鮮な鮮明なものにしておくことが大切です。

年初に立てた夢が、
一年間、変わらずまったく同じというのは、
たぶん、その夢に心を向けても、
何も感じなかったり、ときめくこともなくなっているでしょうから、
すぐにロックオンは外れてしまって、
今、出てきた新鮮な心配事などに、簡単に奪われてしまうでしょう。

これでは、夢の意味がありません。

目指す夢は、実現する以上に、
大切な意味と価値があることを認識することですね。

最大の価値は、今を充実させることです。

どうぞ、今日も、
考えること、フォーカスすることは、
夢だけで充分です。

何ものにも囚われない、
今の洗練された美しいチャレンジを、
ぜひ、植物たちに学び、感じてください。

想像を超えた現象を、
次々に起こしていく、植物たちの実現力の高さは、
まさに、自由度の高さ、囚われ度の低さの賜物でしょう。

必要な蓄積は、今は掴めない夢を、
掴もうとチャレンジすることでストックされていきますから、
どんどん、掴みたいものに手を伸ばして、
余計なものを手放していくことです。

思考を手放す、過去や未来の現象を手放す感覚を、
しっかりと掴める今日も、
素晴らしい、キラキラと輝く一日になりますよ!

囚われの少ない、素晴らしい感覚を、
どうぞ、存分にお愉しみください。^^


コメント


認証コード4628

コメントは管理者の承認後に表示されます。