今日の誕生花の椿(つばき)の蕾が膨らんできています。

椿

今日の誕生花の椿(つばき)の蕾が膨らんできています。
白と赤の芸術的な花を咲かせる子です。

おはようございます!
朧月が春を予感させる、素敵な夜明けでした。

今日1月20日は、

  • 大寒(だいかん)
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が300度の時で、寒さが最も厳しくなるころ。

  • 二十日正月
    正月の最後の日として納めの行事を行う。
    正月に食べた魚の骨や頭までも食べ尽くすことから、
    骨正月・頭正月と呼ぶ地方もある。

  • 玉の輿の日
    1905(明治38)年のこの日、アメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥、
    ジョージ・モルガンが祇園の芸妓・お雪を見初め、結婚した。
    お雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれた。

  • 海外団体旅行の日
    1965(昭和40)年のこの日、日本航空が海外団体旅行
    「ジャルパック」を発売し、海外団体旅行がブームとなった。

今日の誕生花は、

  • 金鳳花(きんぽうげ)
  • 銀扇草(ぎんせんそう)
  • 椿(つばき)赤
  • アスパラガス
  • ストック
  • ラナンキュラス
  • デンファレ
  • 雪割草(ゆきわりそう)

白地に赤の模様の花びらが、とても素敵な子です。

乙女椿は、昨年末から花を咲かせていますが、
この子は蕾が膨らんできて、これからですね。

かなり刈り込まれていましたので、
ここ数年は、花の数も少なかったのですが、
今年は、たくさん蕾を付けているので楽しみですね。

椿の花言葉は、
「完全な愛」「完璧な魅力」「女性らしさ」「誇り」
「控えめなやさしさ」「美徳」「おしゃれ」「理想の恋」
「私は常にあなたを愛します」

赤「気取らない優美」「気取らない魅力」
「見栄を張らない」「自然の美徳」「慎み深い」
「控え目な美徳」「高潔な理性」

白「最高の愛らしさ」「申し分のない魅力」「理想の愛」
「至上の美」「理想的な愛情」「冷ややかな美しさ」
「控え目な愛」「素晴らしい魅力」「誇り」

大寒の今日は、寒さもいよいよ折り返しですね。
ここから自然のリズムである波状に、
三寒四温を繰り返しながら、徐々に春に向かっていくでしょう。

流れが変わる瞬間や直前を感じ取ることは、
とても大切なことですね。

冬至から、大寒まで、
明らかに日が長くなっているのは感じられます。

しかし、現象が起こるのにタイムラグのある自然界では、
日が長くなっても、寒くなる方向に進んでいきます。

そして、大寒以降は、
目に見えるより、肌で感じたり、香りを嗅ぎ取ったり、
という感じ方になるでしょう。

そして、五感以外にも、
注意深く自然を感じていると、
エネルギーの違いも感じ取れます。

この感性を研ぎ澄ましていくことは、
例えば、夢へのチャレンジ、能力開発のチャレンジで、
成果が目に見えて現れてくるのは、
飛行機が離陸する時のような曲線を描いていきますから、
浮き上がる直前や、その瞬間を感じ取ることにも繋がります。

チャレンジに手応えがあっても、
すぐには成果が見えてこないのが自然界ですね。

夢へのチャレンジや能力開発が、
上手くいかないケースは、
この冬至から大寒のタイミングに当たるところを、
超えていけない場合が大半ですね。

手応えはあるのに、状況はさらに良くない方向に進むことから、
ここで断念してしまっています。

成果を受け取る前にあきらめてしまうのは、
本当に、本当にもったいないことです。

ぜひ、自然界のメカニズム、リズムを理解、体感して、
冬至から大寒を超えて行ってください。

手応えが頂点に達した、
少し先に、浮上のタイミングはあります。

どうぞ、今日も、
自然の変化を、充分に感じ取ってください。
自然の微妙な変化を感じ取ることが、
あなたの全てのチャレンジに役立ちます。

手応えの頂点から、
さらにエネルギーを注ぎ込む感覚を、
ぜひ、日常のあらゆる場面で実践してください。

冬至から大寒のタイミング心得て、
そこを突き抜ける感覚を体得したあなたには、
今日も愉しみなだけの一日になりますね!

素敵な一日をどうぞ笑顔でお愉しみください!^^

a:1566 t:1 y:0

コメント


認証コード7890

コメントは管理者の承認後に表示されます。