小さな枝にたくさんの蕾をつけている山茶花(さざんか)です。

小さな枝にたくさんの蕾をつけている山茶花(さざんか)です。

小さな枝にたくさんの蕾をつけている山茶花(さざんか)です。

おはようございます!
昨日の満月は綺麗でしたね。
今朝も素敵な一日を予感させる、白い朝が明けていきました。

今日1月17日は、

  • 防災とボランティアの日
    1995年1月17日午前5時46分、
    淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生した。
    阪神・淡路大震災では、政府や行政の対応の遅れが批判された一方で、
    学生を中心としたボランティア活動が活発化し、
    「日本のボランティア元年」と言われた。
    これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、
    災害への備えの充実強化を図る目的で、
    1995年12月の閣議で制定が決定され、翌1996年から実施された。
    俳句の世界では季語「阪神忌」が存在する。

  • おむすびの日
    米に関係する民間企業やJA等でつくる
    「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が
    2000年11月に制定し、2001年から実施。
    日附は公募で選ばれ、阪神大震災ではボランティアの炊き出しで
    被災者が励まされたことから、いつまでもこの善意を忘れない為、
    1月17日を記念日とした。
    おにぎりの日 6月18日

  • ひょうご安全の日(兵庫県)
    阪神・淡路大震災から11年目の2006年に兵庫県が制定。

  • 今月今夜の月の日、尾崎紅葉祭(静岡県熱海市)
    尾崎紅葉の『金色夜叉』の中で、主人公の貫一が熱海の海岸で、
    貫一を裏切った恋人のお宮に可いか、宮さん、一月の十七日だ。
    来年の今月今夜になつたらば、
    僕の涙で必ず月は曇らせて見せるからと言い放ったことから。
    この日の夜が曇り空になることを「貫一曇り」と言う。
    熱海ではこの日に「尾崎紅葉祭」が行われる。

今日の誕生花は、

  • 酸葉(すいば)
  • デンドロビウム
  • イタリアンルスカス
  • シンビジューム
  • デンファレ
  • 薺(なずな)
  • 胡蝶蘭(こちょうらん)ファレノプシス
  • 牡丹(ぼたん)
  • 富貴菊(ふうきぎく)サイネリア

山茶花は、そろそろ盛りは終わりそうですが、
まだまだ蕾はたくさん付いています。

ふと下の方に目をやると、
太い幹から出た、小さな枝にも、
花が咲いて、蕾がまだたくさんありました。

こんな場所の花を見ると、
一層愛おしくなりますね。

山茶花の花言葉は、
「困難に打ち勝つ」「ひたむきさ」
(白)「愛嬌」「理想の恋」
(桃・赤)「理性」「謙遜」

山茶花の花言葉の「困難に打ち勝つ」「ひたむきさ」は、
寒い凍えそうな季節に、まるで南国に咲く花のように、
美しい花を咲かせることからきているのでしょう。

もちろん、山茶花も、他の子たちも、
日々、様々な困難に遭遇しているでしょうが、
植物たちが教えてくれる、
困難に打ち勝つ最良の方法は「愉しむこと」ですね。

植物たちからは、どんな状況になっても、
悲壮感を感じることはありません。

植物たちにも、思考や感情があるのは、
間違いのないことですし、
喜怒哀楽の感情を感じることはありますが、
常にそれらはすぐに、愛のエネルギーに変わっています。

まだまだ、自然界での生き方に未熟な人間は、
感情に振り回されてしまいますが、
自らそういう状況に追い込んでいるとも言えるでしょう。

そのいちばんの要因は、目指す夢ですね。
夢がなければ、自然界は辛い思いをすることになりますが、
目指す夢を間違えていると、これも辛いばかりになります。

実現することが難しい、
そして、そもそも愉しめない夢を目指して、
辛い思いをして、夢を持つことをあきらめて、
さらに、苦しむように追い込んでしまっているのが、
今の人間界の現状かもしれませんね。

そこに、囚われの多さが、
さらに愉しめないことに拍車をかけているのでしょう。

「こうあるべきだ。」という自らの縛りが、
多すぎるきらいがありますね。

これは、他人の目を気にし過ぎることからきているのでしょうが、
自分自身のみならず、他の人にもこれに当てはめようとして、
さらに、息苦しくなっています。

個性などもそうですね。
どんなあなたを表現しても、
全ての人が、それを受け入れてくれることはありません。

山茶花や、赤い山茶花が好きでない人もたくさんいるでしょう。
でも、必ず好きな人もいますから、
そういう人たちのために、個性を磨くことです。

大切なことは、常に進化を目指して磨いていくことです。
「みんなが。。。」というのは、
たいていの場合、数人の人のことを指していますからね。

突出した個性は、好き嫌いに関わらず、
もっともエネルギーを含んでいますから。

そこをひたすら進化させていくことです。
長所、短所という捉え方はしない方がいいですね。

進化させていけば、どんな個性も素晴らしい才能になります。

多くの場合、個性を出すことで、
困難に遭遇してしまいますが、
個性を進化させるためにも、
囚われは少なくすることですね。

本質をしっかりと把握していれば、
表面的なことは、水のようにしなやかにしておくことです。

どんなところにも、柔軟に入っていける水。
壁に阻まれても、姿を気体に変えて、
難なく超えていく水。
しかし、本質は変わらない。
目指したいレベルですね。

進化の追求に終わりはなく、奥深いものです。
そして、囚われをできるだけ少なくすることで、
間違いなく愉しめることが増えます。

愉しめるだけで、困難が困難でなくなることも多く、
囚われが少なくなるということは、
それだけ、可能性が広がることですから、
愉しむことと相まって、
どんな困難もドンと来いになっていきますね。

どうぞ、今日も、
どこまでも囚われを減らして、
愉しむことを、第一にチャレンジしてください。

才能は、間違いなく心から愉しんだチャレンジが、
もっとも進化を実現していきますが。

エネルギーの共鳴で起こる思いの実現も、
放出するエネルギーに歓びを乗せることが、
引き寄せる力が強くなるのは明らかなことですが。

エネルギーをキャッチすることも、
本来、思いが実現することは歓びに溢れることですが、
悲しみながら、歓ぶことができないのと同じように、
歓びのエネルギーを、愉しめていない状態では、
キャッチすることは難しいですね。

ここがもっとも大切なことです。
ここをしっかり抑えられていれば、
今日も確実に、素晴らしい一日になりますよ!

愉しむことが、能力の進化と夢を実現していきます。

最大の能力の進化、夢への進歩を実現する一日を、
お愉しみください!^^

a:1519 t:2 y:8

コメント


認証コード1757

コメントは管理者の承認後に表示されます。