今日の誕生花の小菊は、盛りは過ぎましたが、まだ元気に咲いてくれている子もいます

今日の誕生花の小菊は、盛りは過ぎましたが、まだ元気に咲いてくれている子もいます。

今日の誕生花の小菊は、盛りは過ぎましたが、まだ元気に咲いてくれている子もいます。

おはようございます。


今日は何の日? 1月5日

  • 小寒(しょうかん)
    二十四節気の1つ。
    太陽の黄経が285度の時で、寒さが最も厳しくなる前の時期。

  • 囲碁の日
    日本棋院が提唱。
    「い(1)ご(5)」の語呂合せ。

  • いちご世代の日,いちごの日
    「いち(1)ご(5)」の語呂合せ。
    高校受験を控えた15歳の世代「いちご世代」にエールを送る日。

  • 紬の日
    名瀬市(現 奄美市)で1978(昭和53)年から実施。
    名瀬市ではこの日に成人式を行うことから、市民皆が特産の奄美大島紬の着物を着てその良さを再認識しようと制定された。

  • シンデレラの日
    1956(昭和31)年のこの日、女優・グレース・ケリーがモナコのレーニエ大公と婚約した。

  • 魚河岸初競り
    各地の魚河岸で競りを開始する。
    新年の初物として御祝儀相場が附けられる。

  • 初水天宮
    毎月1・5・15日は水天の縁日で、一年で最初の縁日を「初水天宮」と言う。

  • (旧)新年宴会
    1874(明治7)年から1948(昭和23)年まで行われていた、天皇が豊明殿に出御し、皇族・大勲位・親任官・勅任官および外国使臣を召して宴を賜った儀式。
    民間でもこれにならって、この日に新年を祝う会を行うようになった。

今日の誕生花 1月5日

  • 三角草(みすみそう)
  • 蝋梅(ろうばい)
  • 小菊(こぎく)
  • クロッカス
  • 裏白(うらじろ)

小菊 こぎく

今日の誕生花の小菊は、盛りは過ぎましたが、まだ元気に咲いてくれている子もいます。

盛りは過ぎていますが、
まだ、元気に咲いている子もいる小菊です。

咲かせきるのが、植物たちの素晴らしいところですね。

もう少し楽しませてもらいましょう。

小菊 こぎく の花言葉

「純情」「真実」「元気」

出し尽くすこと!やり切ること!

今日の誕生花の小菊は、盛りは過ぎましたが、まだ元気に咲いてくれている子もいます。

出し切ること、やり尽くすことは、
どんなことにも必要不可欠なものでしょう。

最後の最後には、
ある程度結果が見えている場面なども多いですが、
そこで、どんなチャレンジができるかを、
積み重ねた結果は、信じられないくらい、
大きな違いをもたらすものでしょう。

どんなことにも、やるからには、
全身全霊を傾けて、チャレンジすること。

そして、最後の最後まで、
全力を尽くしてやり切ってしまうこと。

これは、何事においても、
実践していくことですね。

また、そういう姿は、
植物たちの背中から学ぶことですね。

どんなタイミングになっても、
たとえ咲かせ、実らせることが叶わなくても、
最後の最後までチャレンジしていきます。

これぞ、自然界で、
最高の美しさ強さを実現していく方法でしょう。

どうぞ、今日も、
やることに全力を尽くして、
出し切るチャレンジをしてください。

後悔の残る唯一のものは、
やらなかった後悔です。

出る結果は必然ですから、
それで後悔しても始まりません。

どんなことにも、最後までやり尽くすクセを、
身につけていってください。

それが、あなたの人生の大きな大きな宝になります。

今日も全速力で走り切る素晴らしさを、
体感できる最高の一日になりますね!

今日を存分にお愉しみください!^^

(浜本哲治)


コメント


認証コード0237

コメントは管理者の承認後に表示されます。