蕺草の愛らしい花が咲いていました

蕺草(どくだみ)の愛らしい花が咲いていました。

蕺草(どくだみ)の愛らしい花が咲いていました。

おはようございます。
梅雨前の天気の良い、初夏の日になっています。
過ごしやすい、涼しさも残る、
夏の初めをお楽しみください!^^

今日は何の日? 6月6日

  • 楽器の日
    全国楽器協会が1970年に制定。
    昔から、芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていることから。

  • お稽古の日
    理由は楽器の日と同じ。

  • 邦楽の日
    東京邦楽器商協会(現 東京邦楽器商工業協同組合)が1985年に制定。
    昔から、芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていることから。

  • いけばなの日
    昔から、芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていることから。

  • 飲み水の日
    東京都薬剤師会公衆衛生委員会が1990年に制定。
    世界環境デーの翌日。
    「薬だけでなく健康に関わり合いのあるものに貢献して行くのが薬剤師の仕事」として、東京の水道水の水源である利根川等の水質検査を行っている。

  • 梅の日
    和歌山県田辺市の紀州田辺うめ振興協議会(紀州梅の会)が制定。
    天文14年4月17日(新暦1545年6月6日)、京都・賀茂神社の例祭・葵祭で後奈良天皇が神事をされた際に梅が献上されたという故事から。

  • ロールケーキの日
    北九州市小倉でロールケーキで街起こしをしている「小倉ロールケーキ研究会」が制定。
    ロールケーキの「ロ」と、ロールケーキが断面が「6」の字に見えることから。

  • ワイパーの日
    ワイパーブレードのメーカーで構成する日本ワイパーブレード連合会が制定。
    6月はワイパーがよく使われる梅雨の時期であり、ワイパーは2本1組であることから同じ数字が並ぶこの日を記念日とした。

  • 補聴器の日
    全国補聴器メーカー協議会と全国補聴器販売店協会が2000年に制定。
    6を2つ向かい合わせにすると耳の形に見えることから。

  • ヨーヨーの日
    ヨーヨーを世界的に有名にした立役者であるアメリカ人のドナルド・F.ダンカンの誕生日。

  • ローカロリーな食生活の日
    食品などの通信販売を行う株式会社アイケイが制定。
    「ロー(6)カロ(6)リー」の語呂合せ。

  • かえるの日
    「かえる友の会」の会員で作家の矢島さら氏が1998(平成10)年に制定。
    かえるの鳴き声「けろ(6)けろ(6)」の語呂合せ。

  • ひつじの日
    メリーチョコレートカムパニーと手芸用品店のユザワヤが2010年に制定。
    6が羊の巻いた角の形に見えることから。
    両社は羊をキャラクターに使用しており、また、本社が同じ東京都大田区にあることから、コラボレーション企画として記念日が制定された。

  • 兄の日
    姉妹型、兄弟型の研究で知られる漫画家の畑田国男氏が提唱。
    双子座のほぼ中間に当る6月6日を記念日とした。

  • コックさんの日
    「かわいいコックさん」の絵描き歌の中に「6月6日」が出てくることから。

  • 恐怖の日
    新約聖書「ヨハネの黙示録」に登場する「獣の数字」666に因む。
    また凡ての人をして、大小・貧富・自主・奴隷の別なく、或はその右の手、あるいは其の額に徽章を受けしむ。この徽章を有たぬ凡ての者に賣買することを得ざらしめたり。その徽章は獸の名、もしくは其の名の數字なり。智慧は茲にあり、心ある者は獸の數字を算へよ。獸の數字は人の數字にして、その數字は六百六十六なり。ヨハネの默示録13:16~18
    映画『オーメン』に出てくる「666」という数字の根拠は上記の一節である。

  • 吹き戻しの日
    株式会社吹き戻しの里が制定。
    「吹き戻し」の形が「6」に似ていることから。

  • 山形さくらんぼの日
    2013年にJA全農山形が制定。

  • 建国記念日(スウェーデン)
    1523年のこの日、デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3国による同君連合「カルマル同盟」からスウェーデンが離脱して独立の国家となった。

  • 顯忠節(韓国)
    独立運動や戦争で祖国のために亡くなった殉国者を追悼する日。

  • 教師の日(ボリビア)

  • ハンチントン病啓発の日(アメリカ合衆国)

今日の誕生花 6月6日

  • 黄菖蒲(きしょうぶ)
  • 紫露草(むらさきつゆくさ)
  • ジギタリス
  • 菖蒲(あやめ)
  • アイリス
  • デルフィニウム
  • ペンステモン
  • 一初(いちはつ)

蕺草 どくだみ

蕺草(どくだみ)の愛らしい花が咲いていました。

食用にも、薬草、ハーブティとしても、
活用される蕺草(どくだみ)です。

一方で、雑草として、
忌み嫌われている子でもありますね。

純白の花は愛らしく、
その姿は、初夏の癒しの風景です。

今年はたくさんいただいて、
活用させてもらいます。

蕺草 どくだみ の花言葉

「白い追憶」「野生」

排除より共生が、自然界の自然であり、無限の可能性を見出す!

蕺草(どくだみ)の愛らしい花が咲いていました。

自然界の存在には、
一切無駄な存在はありません。

人間には効果を発揮しなくても、
他の存在には、必要不可欠な存在である。
そんな子たちもたくさんいるでしょう。

また、人間にも大変役立つ存在にもかかわらず、
それに気づいていないこともありますね。

人間に不可欠な存在でも、
人によっては、価値がないと、
判断されることもあるでしょう。

今は邪魔なだけの存在と、
思っている子でも、
その大きな存在価値を、
これから見出される子たちもいます。

今がどうであるか、
自分にとってどうであるかだけで、
自然界のあらゆる存在は、
安易に排除しようとしてはいけません。

その排除する行為が、
どんどん排除したいと考えさせられる、
存在を増やしていくことになります。

どうぞ、自然界の存在には、
必要のないものは存在しないことを、
肝に銘じて、全ての存在と関わっていってください。

排除しようとするよりは、
共生していく道を探した方が、
たくさんの可能性を見つけられますし、
遥かに心身は健康に過ごせます。

排除より共生が、
自然界の自然であることを、
実感できる日々は、充実感の高い人生になっていきますね。

日々存分に共生をお愉しみください!^^

(浜本哲治)


コメント


認証コード9505

コメントは管理者の承認後に表示されます。