美しく咲いているデンファレが来てくれました

美しく咲いているデンファレが来てくれました。

美しく咲いているデンファレが来てくれました。

おはようございます。
雨上がりの朝は、しっとりとした空気が、
春の香りを連れてきてくれました。
今日も良い日になりますね。^^

今日は何の日? 1月30日

  • 3分間電話の日
    1970(昭和45)年のこの日、公衆電話からの市内通話の料金が3分で10円になった。
    それまでは1通話10円で、時間は無制限だった。

  • 孝明天皇祭
    宮中祭祀の一つ。孝明天皇が崩御した日で、皇居内の皇霊殿と孝明天皇の陵所である京都の月輪東山陵で祭典が行われる。孝明天皇が崩御したのは慶応2年12月25日(旧暦)で、当初は仏式で行われ、明治3年から神式で行われるようになった。明治5年の太陽暦採用に伴い、新暦に換算した1月30日に行われるようになった。

  • 殉教者の日(インド)
    1948年のこの日、マハトマ・ガンディーが暗殺された。

今日の誕生花 1月30日

  • 立金花(りゅうきんか)
  • 金龍花(きんりゅうか)
  • 西洋桜草(せいようさくらそう)プリムラ・ジュリアン
  • ペペロミア
  • ムスカリ
  • ベゴニア
  • 金鳳花(きんぽうげ)
  • 繁縷(はこべ)

デンファレ

美しく咲いているデンファレが来てくれました。

美しい花が、とても印象的なデンファレが、
やって来てくれました。

部屋がパッと明るくなって、
しばらく楽しませてもらえそうです。

デンファレの花言葉

「お似合いの二人」「お似合い」
「わがままな美人」「美人」
「誘惑に負けない」「魅惑」「有能」

個性の真の輝きは、見える部分から未知の領域に研磨の手が届いてからだ!

美しく咲いているデンファレが来てくれました。

自然界の存在は、
個性を磨き込んでいくことが、
最高の美しさを引き出すコツでしょう。

ないものは磨けませんし、
表面的に取り繕うことになって、
決して美しいと言えるものにはなりません。

そこにあるものを、
実際に磨いていくことが、
個性を磨くことですが。

ただこれも、
表面的に磨くだけでは、
真の個性は輝いてきません。

実際にある、目に見えるところから、
本質に向けて、見えない領域まで、
研磨の手を伸ばしていってこそ、
真の輝きを放つことになります。

どうぞ、今日も、
あなたの個性を、どこまでも磨き込んでいってください。

その研磨の過程で、
五感では感じ取れない領域を、
感じていってください。

懸命に磨き込んでいけば、
それは必ず感じられるものです。

あなたの個性も、
未知の領域に入ってからが、
真の輝きを放つ段階であることを、
今日にもきっと感じられる、
素敵な一日になりますね。

今日もあなたの個性が輝く、
最高の一日をお愉しみください。

(浜本哲治)


コメント


認証コード6553

コメントは管理者の承認後に表示されます。