今年もグイグイ育っている針槐です

今年もグイグイ育っている針槐(はりえんじゅ)です。

今年もグイグイ育っている針槐(はりえんじゅ)です。

おはようございます。
昨日はまだ、梅雨の残った朝でしたが、
今朝は、すっかり夏の朝になりました。
我が家の植物たちと、近所の立葵の様子では、
昨日が梅雨明けのようでしたね。
今日も素敵な夏の一日を愉しみください!^^

今日は何の日? 7月30日

  • プロレス記念日
    1953年7月30日に力道山が日本プロレスリング協会を結成したことに由来。

  • 梅干の日
    和歌山県みなべ町の東農園が制定。
    「梅干しを食べると難が去る」と昔から言われてきたことから「なん(7)がさ(3)る(0)」の語呂合せ。

  • 独立記念日(バヌアツ)
    1980年のこの日、南太平洋の英仏共同統治領であったニューヘブリデス諸島がバヌアツ共和国として独立した。

  • 宗祇忌
    連歌師・宗祇の1502(文亀2)年の忌日。

  • 左千夫忌
    歌人・小説家の伊藤左千夫の1913年の忌日。

  • 露伴忌,蝸牛忌
    小説家・幸田露伴の1947年の忌日。

  • 谷崎忌,潤一郎忌
    小説家・谷崎潤一郎の1965年の忌日。

今日の誕生花 7月30日

  • 菩提樹(ぼだいじゅ)
  • 火焔木(かえんぼく)
  • 大和撫子(やまとなでしこ)
  • 日々草(にちにちそう)
  • トルコ桔梗(とるこぎきょう)

針槐 はりえんじゅ

今年もグイグイ育っている針槐(はりえんじゅ)です。

年々、イメージを遥かに超えて、
育っていく針槐(はりえんじゅ)です。

春から夏の季節は、
日々、グングン伸びていくのを感じられます。

このエネルギッシュな姿を
間近で感じることができて、
エネルギーをチャージできることは、
幸せなことですね。

今年も大いに学び、チャージしていきます。

針槐 はりえんじゅ の花言葉

「慕情」「親睦」「友情」「優雅」
「頼られる人」「偽りの愛」「甘い誘惑」

一人ひとり違うのが自然であり、未知の未来は末広がりなのが自然界である!

今年もグイグイ育っている針槐(はりえんじゅ)です。

それがたとえ、実子の兄弟であっても、
機械的に、同じように接してはいけません。

時折、
「同じように育てたのに、
なぜ、こんなにも違うのか?」
というような言葉を聞くことがあります。

兄弟であっても、親子であっても、
それぞれに別人格ですし、
全く違う個性があります。

違う存在を同じ枠にはめてしまおうとすることに、
不自然と無理があります。

自然界では全てが違って当たり前で、
それが自然です。

育んでいく環境、方法も、
違うのが自然です。

ひとりの人間が経験することや、
知識として得られるものは、
ごくごく僅かばかりのものですし。

たとえ、どれほどの人数と時間をかけて、
紡がれてきたものであっても、
それを遥かに凌駕するだけの可能性が、
未来に向かってはあります。

人間界の進化のためには、
未知の可能性を、どんどん開拓していく必要があります。

自分自身のことを感じてみても明らかなことですが、
過去や現状に縛られていては、
未知を切り拓いていくことは難しいことですね。

その囚われを手放していってこそ、
新たな領域に入って行けます。

それを実感していれば、
未知の未来を担う人たちへの、
伝え方、届け方も自ずと見えてくるでしょう。

どうぞ、今日も、
一人ひとりの個性は全て違いますから、
同じ枠にはめ込もうとすることなく、
それぞれに応じた、伝え方、届け方を模索してください。

また、過去や現状を伝えていくことは、
大いに必要なことですから、
どんどん伝えていってください。

そしてぜひ、過去や今を超えていくことが必要なことや、
そのアプローチ方法なども、
どんどん託していってください。

未来を担う存在たちに、
その進化のために、何が残せるかは、
今を生きる存在の、大きな役割です。

限りがある人生ですから、
未来に実践はできなくても、
ヒントを散りばめていくことはできます。

末広がりの可能性を感じ、
その自然界の本質を、
未来を託す人たちと共有できる今日は、
可能性に満ち溢れた、素敵な一日になっていきますね。

今日も思う存分、未知の未来を語り合う、
素晴らしい一日をお愉しみください!^^


コメント


認証コード3037

コメントは管理者の承認後に表示されます。