四季咲きの薔薇パレードが、二季目の開花に入ってきています

四季咲きの薔薇パレードが、二季目の開花に入ってきています。

四季咲きの薔薇パレードが、二季目の開花に入ってきています。

おはようございます。
梅雨も終盤に入っているでしょう。
明けると一気に暑くなって、
肌寒さ、しっとり感が恋しくなるのですが、
今のこの感覚を愉しんでいきたいですね。
今日も夢としっぽりと素敵な一日をお愉しみください!^^

今日は何の日? 6月30日

  • ハーフタイムデー
    一年も残す所あと半分となる日。
  • トランジスタの日
    1948年のこの日、アメリカ・AT&Tベル研究所のウィリアム・ショックレー、ジョン・バーディーン、ウォルター・ブラッテンが発明したトランジスタが初めて公開された。
    トランジスタは半導体を用いて電気信号を増幅・発振させることができ、真空管と同じ働きをしながら小型・軽量・長寿命で消費電力が小さい等の利点があり、急速に普及して行った
  • アインシュタイン記念日
    1905年のこの日、アインシュタインが相対性理論に関する最初の論文「運動物体の電気力学について」をドイツの物理雑誌『アナーレン・デル・フィジーク』に提出した。当時、アインシュタインはスイス連邦特許局の無名の技師だった。
  • 集団疎開の日
    1944年のこの日、東条英機内閣が集団疎開の促進要綱を閣議決定した。
  • 夏越の祓,大祓
    大祓は、罪・穢れを祓い清める神事で、6月と12月の末日に行われる。
  • 独立記念日(コンゴ民主共和国)
    1960年のこの日、ベルギー領コンゴが独立してコンゴ共和国(後のザイール、現在のコンゴ民主共和国)となった。
  • 軍隊記念日(グアテマラ)
  • 祈祷日(中央アフリカ)
  • 光晴忌
    詩人・金子光晴の1975(昭和50)年の忌日。

今日の誕生花 6月30日

  • 忍冬(すいかずら)
  • 蒲(がま)
  • ブーゲンビレア
  • デンドロビューム
  • スカビオサ
  • 美容柳(びようやなぎ)

四季咲き蔓薔薇パレード

四季咲きの薔薇パレードが、二季目の開花に入ってきています。

四季咲き蔓薔薇パレードが、
鮮やかな色の花を、咲かせていました。

二季目の開花に入ったようですね。

昨年来てくれた子ばかりですから、
去年は、ほとんど花は見られませんでしたが、
今年は、四季を通じて楽しませてもらえそうで、
嬉しい限りですね。

薔薇 ばら の花言葉

「情熱」「愛情」「あなたを愛します」
「貞節」「美」「模範的」「熱烈な恋」
「私を射止めて」「愛」「内気な恥ずかしさ」
「輝かしい」「愛嬌」「新鮮」「斬新」
「無邪気」「爽やか」「恋」「幸福」

真の生命力、美しさ、しなやかさを引き出していくには、できるだけ手を出さずに、見守っていくことだ!

四季咲きの薔薇パレードが、二季目の開花に入ってきています。

我が家では、薔薇もそうですが、
大半の子たちが、ほとんど手を入れられることなく、
そのまま、ありのままで育っています。

これは、人間同士にも言えることでしょうが、
あまり手を加えすぎると、
常にその手を加えなければ、
育たないようになってしまいます。

園芸書や育児書などに、
こういう時には、こうした方がいいと、
手をあれこれ加えることばかりが書かれていますが、
それができなくなった時に、
極端な時には、枯れてしまったり、
大きく道を外れてしまうことになる、
可能性が非常に高くなってしまいます。

また、葉に虫がつかないように、
必死に駆除するような方法が、
書物には書かれていたり、
そうしようとしがちですが。

本来、虫もつかないような、
状態はとても自然とは言えず、
不自然で、表面的に飾ることに、
躍起になっているのと同じですね。

また、できるだけ自然な状態を保ってあげれば、
本来は自然の循環の中で、
鳥たちや虫たちの連鎖の中で、
不自然なほどに食い荒らされることはありません。

そういうところにこそ、
気を配るべきなのですが、
どうも人間界では、表面的な脚色に、
大半のエネルギーを割きすぎですね。

これは、人間の場合でも同じですね。

子どもにしても、お年寄りにしても、
できるだけ手を出さずに、
自らの意思と、自然に育てられるのを、
見守っていくことですね。

余計な手出しをすることは、
能力や機能の低下を招き、
本来の輝きを妨げてしまう行為です。

どうぞ、今日も、
植物たちにも、子供たちにも、お年寄りにも、
できるだけ余計な手を出さずに、
真に手を差し伸べることが必要なタイミングを、
見計らうためにも、そっと見守ってください。

真に手が必要な時には、
タイミングを外したり、手が出せなかったりして、
出す必要もないところで、出してしまうことが、
特に現代社会では多くなりすぎています。

これも、いかに手を加えるかばかりに、
思考が向いているからですね。

いかに手を加えないようにするかが、
自然を守っていく大原則でもあります。

本来の生命力、美しさ、しなやかさを引き出していく、
できるだけ手を出さずに、見守るコツを掴める今日も、
素晴らしい一日になっていきますね!

自然が授けるパワーを、ぜひ実感してください。^^


コメント


認証コード7583

コメントは管理者の承認後に表示されます。