今年も木瓜の実を発見しました

今年も木瓜(ぼけ)の実を発見しました。

今年も木瓜(ぼけ)の実を発見しました。

おはようございます。
秋晴れを感じさせる、涼しさと碧天が広がる朝になりました。
今日も清々しい素敵な一日をお愉しみください。^^

今日は何の日? 8月18日

  • 高校野球記念日
    1915年のこの日、大阪の豊中球場で
    第1回全国中等学校優勝野球大会が開会した。
    地区予選を勝ち抜いた10校が参加し、京都二中が優勝した。
    第10回から甲子園球場が会場になり、
    1948年から全国高校野球選手権大会となった。

  • 米の日
    「米」の字を分解すると「八十八」になることから。

  • ビーフンの日
    ビーフン協会が制定。
    ビーフン(米粉)はその名の通り米の粉から出来た麺であり、
    「米」の字を分解すると「八十八」になることから。

  • 科学の日 タイ
    国王ラーマ4世が1868年のこの日の皆既日食を
    予見したことを記念する政府制定の記念日。

  • 太閤忌
    豐臣秀吉の1598(慶長3)年の忌日。享年61。
    「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」
    の辞世を残した。

今日の誕生花 8月18日

  • 立葵 たいあおい
  • 風蝶花 ふうちょうか クレオメ
  • トルコ桔梗 ききょう
  • 枸杞 くこ
  • 紫万年青 むらさきおもと

木瓜 ぼけ

今年も木瓜(ぼけ)の実を発見しました。

決して多くの実はならないようですが、
とても大きな実になります。

この子の実を発見すると、
何だか嬉しくなってしまいますね。

学名のChaenomeles(カエノメレス)は、
ギリシャ語の「裂けたリンゴ」の意味があるようですが、
大きな実は、確かにリンゴをイメージさせますね。

まだ、ここ数年、毎年一個を発見するだけで、
味わってはいないので、
今年はなんとか、いただいてみたいと考えています。

木瓜の花言葉 ぼけ

「先駆者」「指導者」「平凡」「退屈」
「早熟」「熱情」「魅感的な恋」「妖精の輝き」

無駄に見えるような8割があるからこそ、2割の結実を導き出せる!

今年も木瓜(ぼけ)の実を発見しました。

たくさんの花の中で、
結実まで至る子は、数少なく、
まさに、自然界の20:80の法則を象徴しています。

ただ、結実にならない8割の花が、
無駄であったり、意味のないものかと言えば、
そうではありませんね。

この8割の花たちがあるからこそ、
2割の結実が導き出されることもなります。

仮に、厳選した2割の花だけを咲かせても、
自然界の法則では、その2割の中の2割にしか、
結実は訪れないことになります。

実際に、人間界の活動の中でも、
あらゆる場面で、この法則は働いていて、
おおむね、数値のような結果になっています。

その現れ方は、見事なまでにですね。

人間の夢へのチャレンジでも、
失速していくケースの大半が、
この法則を理解できていなくて、
洗練させることと勘違いして、
圧倒的な数のチャレンジができずに、
結実を導き出せない状況ですね。

技術的な能力が高まると、確率が高くなると考えて、
チャレンジの数を、どんどん減らす傾向にありますが。

どんなに完璧に思えるような技術であっても、
結実を導き出せるのは、2割くらいがせいぜいで、
8割は結実には至りません。

確率が多少良くなったとしても、
決して、20と80が逆転するほどの変化はありません。

どんなに洗練され、美しくなった花でも、
未来へ繋いでいくためには、
花を増やすことはあっても、
減らしていくことはありません。

減らすことは、後退を意味します。

どうぞ、今日も、
あなたの能力はどんどん進化しますが、
夢へのチャレンジを減らすことは、
溢れるほどに、こぼれるほどに、
咲き乱れる木々草花を思い出して、
厳に戒めてください。

多くの上手くいかない、
結実になっていかないチャレンジがあるからこそ、
結実になるチャレンジが出てくるのだと、
理解していってください。

この自然界の法則を体得していけば、
何も怖れるものはなくなりますね。

今日も圧倒的な数量のチャレンジに挑むあなたに、
素晴らしい一日が展開していきますね!

自然の法則を存分に堪能してください。^^


コメント


認証コード1553

コメントは管理者の承認後に表示されます。