大天使の名を持つ神秘の薔薇、ガブリエルです

大天使の名を持つ神秘の薔薇(ばら)ガブリエルです。

大天使の名を持つ神秘の薔薇(ばら)ガブリエルです。

おはようございます!
おはようございます!
朝の陽射しに、霞がかかった雰囲気が、
梅雨へのプロローグを感じさせてくれました。
それぞれの季節に向かう、小さな変化を感じるのが、
とても楽しいですね。
今日も大いに愉しむ一日にしてください!^^

今日は何の日? 5月23日

  • 世界亀の日 World Turtle Day
    American Tortoise Rescueが2000年に制定。
    亀について知り、亀に敬意を払い、
    亀の生存と繁栄のための人間の手助けをする日。

  • キスの日
    1946年のこの日、日本で初めてキスシーンが登場する映画である、
    佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされた。
    当時、映画製作もGHQの検閲下にあり、
    民間情報教育局(CIE)のコンデが、
    完成した脚本がその前に見せられたものと違うことを指摘した上、
    接吻場面を入れることを要求した。
    主演の大坂史郎と幾野道子がほんのわずか唇をあわせただけだったが、
    それでも話題を呼び、映画館は連日満員になった。

  • 恋文の日/ラブレターの日
    松竹が映画『ラブ・レター』のPRのために制定。
    五(こ)二(ふ)三(み)で「こいぶみ」(恋文)の語呂合せと、
    浅田次郎原作の映画『ラブ・レター』の公開初日であったことから。

  • 労働者の日 ジャマイカ
    1961年まではジャマイカの奴隷を解放した
    英女王ヴィクトリアの誕生日である5月24日を
    「大英帝国の日」としていた。
    1961年、ジャマイカ首相ノーマン・マンリーが、
    大英帝国の日に代えて、ジャマイカ労働組合の
    アレクサンダー・バスタマンテがジャマイカ独立運動につながる
    労働者暴動を起こした日である
    1938年5月23日を記念した労働者の日を創設することを提案した。

  • 生徒の日 メキシコ

  • 丈山忌
    漢詩人・書家の石川丈山(いしかわじょうざん)の
    1672(寛文12)年の忌日。

今日の誕生花 5月23日

  • 草の芽 くさのめ
  • 西洋水引 せいようみずひき
  • 巾着草 きんちゃくそう カルセオラリア
  • 色待宵草 いろまつよいぐさ ゴデチア
  • チューリップ
  • カラー
  • イエローサルタン

薔薇 ばら ガブリエル

大天使の名を持つ神秘の薔薇(ばら)ガブリエルです。

今年我が家に来てくれた15人ほどの薔薇の中の一人です。

白い花の中にパールの色が入って、
とても美しく、神秘的な子ですね。

なかなか花が咲かないことで、
有名な子でもあるようで、
来年以降、どうなっていくか楽しみです。

サイレントラブ、シャンテ・ロゼ・ミサトに続いて、
ニューフェイス15人衆、3人目の紹介になりました。

薔薇の花言葉 ばら

「愛」「美」


  • 「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」

必要悪、必要嘘のない世界を目指していくことが、自然界の本質だ!

大天使の名を持つ神秘の薔薇(ばら)ガブリエルです。

愛もどこまでも洗練させていくことが、
あらゆる面で、美を輝かせていく秘訣でしょう。

人間は、その思考で考えて、
時に、心にもないことや嘘を表現してしまいます。

思考で考えて、
思うように進ませようとして、
脚色してしまうことは、
結果として、考えた方向、思った方向には、
向かわないことが多くなるでしょう。

嘘や脚色をしてしまうことは、
愛を磨くこと、洗練させていくこととは、
逆の方向のアプローチになっていきます。

言葉と醸しだされているエネルギーが合わさっても、
百人百様に理解されてしまうものですが、
そこに、嘘や脚色が入ってしまうと、
とても複雑なものになってしまいます。

そのことは、今の人間界の複雑怪奇な様子を見ても、
明らかなことでしょう。

心をそのまま、ストレートに表現できるように、
思考で考えるまでもなく、
美しく、洗練されたものが、
そのまま届いていくようにしていくことが、
本来の愛を磨き、洗練させていくことです。

嘘も方便という言葉もありますが。

さらにそれを超えて、嘘をつかなくても、
愛を届けられるようにしていくことが、
真の愛の洗練でしょう。

今、思い、考えていることを、そのまま伝えると、
相手を傷つけることになるようであれば、
まだ、愛の磨き方が足りないと考えてみてください。

もちろん、言葉や表現方法を、
学ぶことも大切でしょう。

そして、思いをそのまま伝えても、
相手を傷つけるようなことにならないように、
愛をどこまでも深く磨いていくこともできるでしょう。

純粋になっていくことは、
シンプルに深く、愛を追求していくことです。

その様子は、植物たちの姿を見ていると、
本当によく感じられ、教えてもらえます。

自然界は本来、
一切の誤魔化しがきかない、
シンプルで純粋な世界です。

人間界の争いなども、
嘘や脚色が、原因になっていることが大半ですから、
本来の自然界の姿に沿って、
人間も愛を磨いていくことですね。

その方向に進んでいかないと、
今の争いや病の増え続ける現象は、
歯止めが掛からないことになるでしょう。

どうぞ、今日も、
全ての出逢う人、存在に、
自然にあなたの愛が届いていくように、
あなたの愛を、本来の方向に磨き、洗練させてください。

何気ない嘘や脚色が、
今の人間界を形作っていることを踏まえて、
安易にそうするのではなく、
自分を高めていくチャレンジが必要ですが、
嘘や脚色ではない、愛のレベルを高めてください。

嘘や脚色になるのであれば、
言葉のエネルギーを放出しない。
ということも大切な選択肢になるでしょう。

愛を真の愛に磨き、洗練させていくことは、
とても愉しく、やりがいのあるチャレンジです。

一人ひとりが、僅かずつでも、
チャレンジしていけば、人間界はきっと進化していきますね。

どこからでも、自然界の存在は全て、
純粋になっていけることを感じられる、
今日も素晴らしい一日になりそうですね。

純化していくあなたを存分にお愉しみください!^^


コメント


認証コード8010

コメントは管理者の承認後に表示されます。