夏水仙、リコリスも芽吹いてきました

夏水仙(なつずいせん)リコリスも芽吹いてきました。

夏水仙(なつずいせん)リコリスも芽吹いてきました。

おはようございます!
東の空に顔を出した陽射しは、
昨日の朝陽に近い色でしたが、
少し春が進んでいる空の中では、
別の輝きを放っていました。
今日も、昨日とは違う素晴らしい一日になりますね!

今日は何の日? 2月28日

  • ビスケットの日
    全国ビスケット協会が1980(昭和55)年に制定し、翌年から実施。
    1855(安政2)年のこの日、パンの製法を学ぶ為に長崎に留学していた
    水戸藩の柴田方庵が、同藩の萩信之助に、パン・ビスケットの製法を書いた
    「パン・ビスコイト製法書」を送った。
    これが、ビスケットの製法を記した日本初の文書とされている。
    また、ビスケットの語原がラテン語で「二度焼かれた物」という意味の
    「ビス・コクトゥス(bis coctus)」であることから、
    「に(2)どや(8)く」の語呂合せの意味も持たせている。

  • バカヤローの日
    1953(昭和28)年のこの日、吉田茂首相が衆議院予算委員会の席上、
    西村栄一議員の質問に対し興奮して「バカヤロー」と発言した。
    これがもとで内閣不信任案が提出・可決され、
    この年の3月14日に衆議院が解散してしまった。
    この解散は「バカヤロー解散」と呼ばれている。

  • エッセイ記念日
    エッセイストの元祖とされるフランスの
    ミシェル・ド・モンテーニュの1533年の誕生日。

  • 織部の日
    岐阜県土岐市が1988(昭和63)年に制定。
    1599(慶長4)年のこの日、千利休亡き後の豊臣秀吉の茶頭・古田織部が、
    自分で焼いた茶器を用いて茶会を開いた。
    この器が後に織部焼と呼ばれるようになった。

  • 教師の日 アラブ各国

  • カレワラの日 フィンランド

  • 科学の日 インド
    インドの物理学者チャンドラセカール・ラマンが
    1928年にラマン効果を発見した日を記念。
    これによりラマンは1930年のノーベル物理学賞を受賞した。

  • 平和記念日 中華民国
    1947年のこの日、台湾人(本省人)と、大陸から来た中国国民党政府の
    官僚・軍人との間の大規模な抗争事件「2.28事件」が起こった。

  • 逍遥忌
    小説家・演劇評論家・劇作家・英文学者の
    坪内逍遥(つぼうち しょうよう)の1935(昭和10)年の忌日。

  • 利休忌,宗易忌
    茶人・千利休の1591(天正19)年の忌日。
    3月27・28日に墓所のある京都・大徳寺で追善茶会が開かれる。

今日の誕生花 2月28日

  • わら
  • 麦藁菊 むぎわらぎく ヘリクリサム
  • ブルーレースフラワー
  • シンビジューム
  • フリージア
  • 雪割草 ゆきわりそう
  • 月桂樹 げっけいじゅ ローリエ
  • カルセオラリア
  • 薔薇 ばら ローズ

夏水仙 なつずいせん リコリス

夏水仙(なつずいせん)リコリスも芽吹いてきました。

ヒガンバナ科のこの子の、夏水仙(なつずいせん)という和名は、
葉が水仙に似ていて、花が夏に咲くことからきているようです。

春先から夏にかけて青々と茂った葉も、
初夏の頃にはすっかり姿を消して、
その後から花芽が突然伸びてきます。
ヒガンバナ科の子たちの特徴ですね。

この個性も、とっても素敵ですね。

この花期に葉がないことから、
「裸百合」とも呼ばれているようですね。

別名の「リコリス」は、属名の「Lycoris」からですが、
ギリシャ神話の海の女神「Lycoris」からきているようです。

昨年少し、場所を移動した子もいるのですが、
どちらの子も、元気に芽吹いてきてくれています。

今年も大いに楽しませてもらいます。

夏水仙の花言葉 なつずいせん

「深い思いやり」「あなたのために何でもします」
「快い楽しさ」「楽しむ」「悲しい思い出」

愛の純度を高めていくことが、最短、最速の夢の実現のコツである!

夏水仙(なつずいせん)リコリスも芽吹いてきました。

「深い思いやり」「あなたのために何でもします」
リコリスの花言葉が、とても素敵ですが。

夢の実現のためには、
また、その実現のために必要な、
才能を開発するためには、何でもします。

という思い、決断は大切なことですね。

ただ、本来目指すべき夢も、才能や能力も、
誰かの幸せのために役立ってこそ、
本当の価値が生まれくるものです。

この辺りが、本末転倒になっていて、
たとえば、手段を得るためには何でもする。
という発想になっているケースは多いものですね。

そういう行動が、無意識のうちに、
知らず知らずのうちに、組み込まれてしまっていることも、
本当に多くなっているでしょう。

何の疑問も、悪気もなく、
犠牲を強いたりしていることがないか、
今の人間社会のシステムでは、
よくよく注意深く感じていかないといけないでしょうね。

エネルギーの共鳴で現象が起き、
エネルギーの循環で、現象が広がっていく自然界では、
そこにもし、不自然なものや、愛ではないエネルギーが、
意図的であって、無意識にでも込められていれば、
いずれ、それは必ず現象として現れてきます。

これを、自然界で誤魔化すことはできません。

安易に、そういうエネルギーを放出したり、込めたりして、
後々、自ら大いに苦悩しているのが人間界ですね。

まずは、自然に沿った「深い思いやり」があってこそ、
あらゆる可能性を試行錯誤していくことの、
真価が輝いてくるものです。

自分自身が、受け取りたくないエネルギーは、
自分自身が届ける愛や才能、その創造物には、
微塵も込めていかないことですね。

今は、知らず知らずのうちに、
自分が意図しない、届けたくないエネルギーが、
混入することも多くなっていますから、
どうぞ、そういうエネルギーは手放していくか、
変換していくようにしてください。

どれだけ、あなたの届ける愛の、
純度を高めていけるかです。

今の人間界では特に、これが大変なことになってしまっていて、
とても時間も労力もかかってしまいますが、
結果的には、より多くの人に、より深く届く愛に、
必ずなっていきます。

自然界の自然に沿っていれば、
それは、ごく当たり前のこと、簡単なことです。

ぜひ、植物たちのレベルまで、
愛の純度、洗練度を高めていってください。

あなたの愛の純度が高まっていくことで、
あなたの環境も見事に、即座に変化していくのを、
今日にも感じられる、素敵な一日になりますよ。

素敵に循環していく愛のエネルギーを、
存分にお愉しみください。^^


コメント


認証コード4407

コメントは管理者の承認後に表示されます。