今日の誕生花の辛夷と親戚の白木蓮です

今日の誕生花の辛夷(こぶし)と親戚の白木蓮(はくもくれん)です。

今日の誕生花の辛夷(こぶし)と親戚の白木蓮(はくもくれん)です。

おはようございます!
身体を包み込む空気が、
特殊スーツでも纏わせてくれたように、
エネルギーを与えてくれます。
今日も素敵な一日の予感ですね。

今日は何の日? 1月29日

  • 人口調査記念日
    1872(明治5)年のこの日、日本初の全国戸籍調査が行われた。
    当時の人口は男1679万6158人、女1631万4667人で
    合計3311万825人だった。

  • タウン情報の日
    タウン情報全国ネットワークが制定。
    1973(昭和48)年のこの日、
    日本初の地域情報誌『ながの情報』が発行された。

  • 昭和基地開設記念日
    1957(昭和32)年のこの日、日本の南極観測隊が
    南極・オングル島への上陸に成功し、昭和基地を開設した。
    この年から翌年にかけては「国際地球観測年」で、
    南極大陸には日本を始め12か国による観測網が敷かれた。

  • 草城忌,東鶴忌,銀忌
    俳人・日野草城の1956(昭和31)年の忌日。
    無季俳句、連作俳向を率先し、モダンな作風で新興俳句の一翼を担った。

今日の誕生花 1月29日

  • こけ
  • 花金鳳花 はなきんぽうげ ラナンキュラス
  • ボローニア
  • サイネリア
  • 辛夷 こぶし
  • 金柑 きんかん
  • ディモルフォセカ
  • ルピナス

白木蓮 はくもくれん

今日の誕生花の辛夷(こぶし)と親戚の白木蓮(はくもくれん)です。

白木蓮(はくもくれん)は、
接ぎ木の台木に辛夷(こぶし)が使われるようです。
この子も、台木に辛夷が使われているようです。

このところ、毎年、台木からも芽吹き、
本体より、大きくなっています。

共生も考えてみましたが、
本体の白木蓮が、大きくなれないようなので、
今は、白木蓮だけにしています。

年々、付ける蕾が数が多くなって、
毎年本当に楽しみです。

蕾はすでに、晩秋から付いていて、
何度か脱皮しながら大きくなっています。

この晩秋からの期待感が、
楽しみを増やしてくれています。

白木蓮の花言葉 はくもくれん

「高潔な心」「慈悲」

辛夷の花言葉 こぶし

「友情」「歓迎」「信頼」

あなたの中の未知と、
数多く遭遇してください!

今日の誕生花の辛夷(こぶし)と親戚の白木蓮(はくもくれん)です。

植物たちとの交流、交信にしてもそうですが、
五感でキャッチできないエネルギーでも、
あたかも、五感でキャッチしたかのように、
感じることもあります。

そして、その違いも、注意深く感じていると、
五感でキャッチしたものか、
思感でキャッチしたものかを感じ分けることができます。

通常、それぞれに、五感の感度は違います。
例えば、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などの中で、
どれかの感覚が、他の感覚より鋭敏なこともあります。

あなたの中で、もしそういう五感があれば、
その能力は、どんどん研ぎ澄ましていくといいでしょう。

最初は、五感の機能自体を、磨いていくことになりますが、
五感の機能としては、限界がありますから、
さらに研磨して追求していくと、
必ず五感を超えた領域に入っていきます。

まさに達人の領域の入り口ですね。

この領域に入ると、人間が造った、
機械などでは、計測できないミクロの世界の違いでも、
感じ分けることができるようになります。

今の人間界の最先端の技術なども、
この領域の達人技に、支えられているところがあります。

それだけ、人間の脳の未知の可能性が、
大きいということですね。

まず、認識しておく必要があることは、
五感のどの感覚の領域でも、
その感覚で、認識できる領域の、
さらに先にも、必ず感知できるはずのものがあるということです。

例えば、モスキート音などは、
年齢を重ねていくほどに、
高周波の音が聴こえなくなることを、
活用しているものですね。

このように、機能の低下などで、
認識できなくなる領域がありように、
逆に研ぎ澄ましていけば、
どこまでも感じ取れるものがあるということです。

これは、自然界の醍醐味ですし、
五感などで感じられる領域だけでなく、
あらゆる場面に、無限の可能性があることを、
意味するものでもあります。

そして、未知の領域に、
自分の中で、最も近いと感じられる、
能力を、未知の領域に到達させることで、
既知と未知の領域の違いを感じ取ることができ、
その感覚の違いを把握することが、
あらゆる場面での、能力開発に役立つことになります。

長所だと感じられる部分を、
ひたすら伸ばしていくことが、
全体を引き上げるのに、最適な方法だということの、
ひとつの例になりますね。

そして、さらに大切なことは、
それぞれの五感では、未知の領域のエネルギーは、
すでにキャッチはしています。

感覚を研ぎ澄ますということは、
そのキャッチしているエネルギーを、
思考領域で理解できるかどうかということです。

これが、閃きで引き出された情報などを、
思考で認識するということと同じことになりますね。

どうぞ、今日も、
まずは、五感からでいいでしょう。
あなたの中の得意な感覚を研ぎ澄まして、
注意深く感じてみて、
未知の領域の感覚を引き出すことに、
チャレンジしてみてください。

意外と、思考でも認識できているのに、
見過ごしていることが、多いかもしれませんよ。

ん?と感じた時が、大きなチャンスの可能性があります。

夢の実現も、能力の開発も、
簡単に言ってしまえば、未知との遭遇です。

未知を感じ取る、感じているものを、
注意深く感じ分ける、引き出していくことに、
ぜひ愉しみを見出して、チャレンジしてください。

きっと新たなあなたの発見のある、
ワクワクが増幅していく、素敵な今日になりますね。

存分にお愉しみください。^^


コメント


認証コード5422

コメントは管理者の承認後に表示されます。