杏子の木に、朝顔と南瓜の花が咲いています

杏子(あんず)の木に、朝顔(あさがお)と南瓜(かぼちゃ)の花が咲いています。

杏子(あんず)の木に、朝顔(あさがお)と南瓜(かぼちゃ)の花が咲いています。

おはようございます!


今日は何の日? 8月29日

  • 文化財保護法施行記念日
    1951年に制定。1950年のこの日、
    国宝・重要文化財等を保護するための基本となる法律
    「文化財保護法」が施行された。
    前年1月26日に法隆寺金堂が全焼したのをきっかけに、
    文化財保護政策の抜本的改革が望まれ、
    従来の「国宝保存法」「重要美術品等保存法」
    「史蹟名勝天然記念物保存法」をまとめた「文化財保護法」が制定された。

  • 焼き肉の日
    8月29日の「829」が「ヤキニク」と読めることから。
    事業協同組合全国焼肉協会が1993年に「ヤキニクの日」として制定。
    夏バテ気味の人に焼肉を食べてスタミナをつけてもらおうという日。

  • ケーブルカーの日
    1918年のこの日、大阪電気軌道(現在の近畿日本鉄道)の
    子会社生駒鋼索鉄道が、奈良県生駒山に日本初の
    ケーブルカーを開業させたことに由来する。今の生駒鋼索線。

  • ベルばらの日
    1974年のこの日、宝塚歌劇で「ベルサイユのばら」が初演された。
    池田理代子原作の劇画を脚色したもので、
    1976年の上演打ち切りまでに延べ140万人の観客動員を記録した。

  • 秋田県の記念日 秋田県
    秋田県が1965年に制定。
    明治4年7月14日(新暦1871年8月29日)、
    廃藩置県により「秋田県」という名前が初めて使われた。

  • トート1日 古代エジプト
    エジプト暦の最初の日。ユリウス暦に換算すると8月29日となる。
    知恵の神トートは時間の管理者とされていた。

  • スロバキア国民蜂起記念日 スロバキア
    1944年のこの日に始まった、
    ナチス・ドイツに対するスロバキア民衆蜂起を記念する祝日。

  • 洗礼者ヨハネの斬首の祭日 キリスト教
    ヨハネが斬首された日とされている。

今日の誕生花 8月29日

  • 花煙草 はなたばこ
  • 百日紅 さるすべり
  • 白詰草 しろつめくさ クローバー
  • 鶏頭 けいとう
  • アスター
  • 秋海棠 しゅうかいどう

杏子 あんず 朝顔 あさがお 南瓜 かぼちゃ

杏子(あんず)の木に、朝顔(あさがお)と南瓜(かぼちゃ)の花が咲いています。

今年は、杏子の木も元気に育ってくれて、
他の子の花を咲かせる余裕が出てきたと言った感じでしょうか。

このコラボレーションも、
見ていて何とも不思議な感覚をおぼえさせてくれます。

ピンクと黄色の色合いも、それぞれの葉が折り重なる様子も、
想像を超えて見応えがあります。

杏子の花言葉 あんず

「はにかみ」「乙女のはにかみ」「疑い」

朝顔の花言葉 あさがお

「愛情」「平静」「愛情の絆」「結束」
「短い愛」「明日もさわやかに」「はかない恋」

南瓜の花言葉 かぼちゃ

「大きさ」「広大」

愛は届けた人に与えられる。
自然界の黄金律を全ての場面にあてはめて感じることです

杏子(あんず)の木に、朝顔(あさがお)と南瓜(かぼちゃ)の花が咲いています。

情報は間違いなく、発信するところに、その同種のものは集まってきます。

植物たちの、例えば花の色や形、香りなども情報のひとつですが、
その情報に共鳴、同調、介在しようとする者が集まってきます。

人間の場合、どうしても愛にしても、情報などにしても、
単に得ようとしてしまいがちですが、
これでは、あまり有益な情報は得られないでしょう。

また、同調、共鳴して出逢った情報などから、
本当に活用できる情報などは、ほんの一握りのものでしょう。

より多くのものを、質の高いものを得たいと思うのであれば、
それを、自ら発信していくことですね。

愛は届けたものに与えられる。
は、自然界の根本の原理、摂理です。

そして、さらに自分自身から発信するエネルギーの質を追求していくと、
同種の共鳴を超えた、異種のものとの共鳴も
引き起こしてくるようになります。

これは、届ける愛や、才能、能力が、
本質、根源に向けて研ぎ澄まされていくと、
応用、適用範囲が広くなるのと同じように、エ
ネルギーの質が、シンプルに本質方向に研磨されていくと、
共鳴の幅が広がっていくことから起こる現象ですね。

いずれにしても、得たい愛、情報、出逢いがあるとすれば、
どんどん惜しみなく届け、上質の愛、情報、才能、能力を
どこまでも深く磨き込んでいくことです。

与えられない、得られないことを、
与えられ方、得られ方の問題には決してしないことです。
それをやり始めると、得られる愛、情報、出逢いの質や量が、
どんどん低下していくだけです。

どうしても、その届ける愛の、
質と量の磨き込みやチャレンジに専念できなかったり、
その影響でリアクションが起こらないことなどに我慢ができずに、
どうやって、愛を得るかという方向に、
エネルギーである、時間や労力を向けてしまいがちですね。

時間や労力などのエネルギーは限られていますから、
それをどこに向けるかが非常に大切なことになり、
その向けた先で循環が起こってしまいますが、
好循環のスパイラルになるか、悪循環のスパイラルにはまってしまうかは、
愛を届ける方向、磨き込む方向に向けるか、
得ようとする方向に向けられるかで、雲泥の差になって現れてきます。

どうぞ、今日も、愛は降り注ぐ陽射しのように、
惜しみなく溢れるほどに、最高のものを届けていってください。

情報で考えると分かりやすいですが、
こちらから何かを届けようとすることなく、
得られる情報はありふれたものにしかなりません。

質の高いものを届けていくことで、
はじめてそれに見合った情報も得られるものです。

これは、自然界の全ての愛に共通するものですね。

自然界の本質を理解して、チャレンジする今日も、
素敵な一日が拓けてきますね!
存分に、自然界の本質の素晴らしさをお愉しみください!^^


コメント


認証コード4816

コメントは管理者の承認後に表示されます。