秋海棠の花も盛りになってきています

秋海棠(しゅうかいどう)の花も盛りになってきています。

秋海棠(しゅうかいどう)の花も盛りになってきています。

おはようございます!
すっかり秋になってしまったかのような朝です。
戸惑うのはいつも人間ばかりでしょうか、
植物や虫たちは、いつも愉しんでいますね。

今日は何の日? 8月28日

  • 民放テレビスタートの日
    1953年8月28日午前11時20分に、
    日本初の民放テレビ局・日本テレビが本放送を開始したことに由来。

  • テレビCMの日
    上記の日本テレビの本放送開始の日、
    日本初のテレビコマーシャルメッセージも放送されたことを記念して、
    日本民間放送連盟が2005年に制定。
    初のテレビCMは服部時計店(精工舎)のもので、
    「精工舎の時計が正午をお知らせします」という内容だったが、
    不慣れのためフィルムを裏返しに入れてしまい、
    音も不明瞭なものとなってしまった。

  • バイオリンの日
    1880年のこの日、東京・深川の三味線職人・松永定次郎が
    国産バイオリンの第1号を完成させた。

  • 気象予報士の日
    1994年のこの日、第1回の気象予報士国家試験が行われた。
    合格率は18%だった。

  • 聖母の被昇天
    マケドニア、セルビア、グルジアでは祝日となっている。
    カトリック教会では8月15日。

  • 道元忌
    曹洞宗の開祖・道元の1253(建長5)年の忌日。

今日の誕生花 8月28日

  • エリンギウム
  • 千日紅 せんにちこう
  • 花魁草 おいらんそう
  • 桔梗 ききょう
  • 下野草 しもつけそう
  • 月下美人 げっかびじん
  • 酸塊 すぐり
  • 風船葛 ふうせんかずら

秋海棠 しゅうかいどう

秋海棠(しゅうかいどう)の花も盛りになってきています。

この場所の、この子も、もう何年もこの場所で育っていますが、
毎年成長、進化している様子が、花の洗練された様子からも伺えます。

「秋海棠」の和名は、春に花の咲く、落葉樹の
花海棠(はなかいどう)の花に似ていることから、
秋に咲く海棠ということのようです。

また、別名を瓔珞草(ようらくそう)
断腸花(だんちょうか)とも呼ばれています。

英名は、hardy begonia(ハーディ ベゴニア)ですね。

秋海棠の花言葉 しゅうかいどう

「片思い」「親切」「丁寧」「可憐な人」
「繊細」「恋の悩み」「未熟」

いかに手を加えるかではなく、
いかに手を加えないかを考えてください

秋海棠(しゅうかいどう)の花も盛りになってきています。

その場所に馴染み、循環を繰り返すことで、
洗練されていく花の様子を見て、感じることは、
自然とは何かを、そして本当の進化を知り、感じるには最適なことでしょう。

花が洗練される様子は、まさに驚きに値します。
人間の手の加わった美しさから、
自然の美しさに戻っていく様は、本当に感動的です。

人間の価値観では、花が大きかったり、
色が鮮やかなことが美しいと捉えられる傾向にありますが、
自然の美しさは、小さくても大きな華やかさを軽く凌駕しますし、
自然の色合いほど、飽きることなく、
心底美しいと感じられるものはないでしょう。

ぜひ、自然を知るため、感じるためにも、
植物たちを見守る時は、季節を何度も循環させて見守ってください。

毎年種子を買ったり、苗を植えたりでは、
まず自然を知り得ることはできないでしょう。

特に、現在の種子や苗の大半は、F1(エフワン)種という、
一年限りでしか、花が咲かなかったり、
実がならなかったりするものばかりですから、
二年目の花や実は、特別に小さかったり、
咲かなかったり、実らなかったりしますが、
根気よく見守ってあげていれば、
必ず花も実も、自然の美しさ、美味しさになっていってくれます。

あなたの才能の美しさ、素晴らしさを磨くことも、
できるだけ自然の循環をさせることです。

純粋に、届ける人の幸せを実現するように届けて、
その反応から真意を感じ取り、
さらに深い幸せを実現できるように磨き込んでいく。

人間の循環には、ここに手段や思考などが不自然に介在して、
本来の循環を妨げてしまって、
本来得られるはずの成長、進化、美しさなどが
なかなか実現していかないのが、多くの実態でしょう。

植物たちや、子ども、後輩たちの見守り方に、
人間界の実態は色濃く反映されていますが、とにかく手を加え過ぎです。

F1種のような手の加え方は論外のことですが、
雑草を排除してしまったり、
肥料や農薬、水までも与えるような見守り方では、
本来の才能、能力、美しさなどは、とても引き出せません。

これは、自分自身の才能、能力などを
引き出していくことにも言えることですね。

人間界の価値観では、いかに手をかけようかと考えがちですが、
いかに手を加えないようにするかを考えることでしょう。

シンプルな自然界の本質に到達していくには、
どれだけ余分なことを手放していけるかが、
最大のポイントになっていきます。

どうぞ、今日も、自然の循環をさせることが、
どういうことかを様々な場面で検証していってください。

すぐには答えが出ないことももちろんありますが、
意識して模索していれば、ふとした現象などで、
気づかされることもあります。

手を加えるところが、あべこべになっていて、
そこにある素晴らしい能力さえ、引き出せずに
やきもきしている状態を、どんどん解消していってください。

余計なことをすることを、手放していけるだけで、
大きな恵みが与えられることが、本当にたくさんあることを、
今日もきっと感じられる、素敵な一日になりますよ!

それだけ、今の人間界は不自然なことをし過ぎています。

余計なことをせずに、できたエネルギーと時間を、
本来やるべきことに注ぎ込めることができたら、
本当に素晴らしいことになりますよ。^^


コメント


認証コード9412

コメントは管理者の承認後に表示されます。