エンジェルストランペットの花が咲いてきました

エンジェルストランペットの花が咲いてきました。

エンジェルストランペットの花が咲いてきました。

おはようございます!
一気に秋になったような涼しさの朝です。
梅雨の涼しさと、また違った味わいが深いですね。
季節は着実に刻まれています。

今日は何の日? 7月28日

  • 世界肝炎デー World Hepatitis Day
    2010年5月の世界保健機関(WHO)総会で7月28日を
    世界肝炎デーとすることを決議。
    2004年にヨーロッパと中東の患者のグループが
    10月1日の「国際C型肝炎啓発デー」として始めたのが始まりで、
    2007年まで実施された。
    2008年に世界肝炎アライアンスが5月19日の「世界肝炎デー」を制定した。

  • 地名の日
    日本地名愛好会が2008(平成20)年に制定。
    アイヌ語地名研究家・山田秀三の1992年の命日であり、
    地名研究家・谷川健一の1921年の誕生日であることから。

  • 菜っ葉の日
    七(な)2(ツー)八(は)で「なっぱ」の語呂合せ。

  • なにわの日
    七(な)二(に)八(は)で「なにわ」(難波・浪速)の語呂合せ。

  • 独立記念日 ペルー
    1821年のこの日、
    ホセ・デ・サン=マルティンがペルーのスペインからの独立を宣言した。

  • オラフ祭イブ フェロー諸島

  • 乱歩忌
    日本の推理小説の生みの親、江戸川乱歩の1965年の忌日。

今日の誕生花 7月28日

  • 撫子 なでしこ
  • 虫取り撫子 むしとりなでしこ
  • 狐百合 きつねゆり グロリオーサ
  • 白粉花 おしろいばな
  • カラー
  • ビスカリア
  • 更紗灯台 さらさどうだん

エンジェルストランペット

蕾みをたくさん付けていたエンジェルストランペットが、
豪華な大輪の花を咲かせてきました。

非常に特徴的な黄色の色と、
独特の形が、その大きさとともに、風景に映えます。

今年も大いに楽しませてもらえそうです。

エンジェルストランペットの花言葉

「愛敬」「偽りの魅力」「夢の中」
「遠くから私を思って」「あなたを酔わせる」「変装」

命の尊さを実感するには、
自分の命に繋がる命を感じることです

エンジェルストランペットの開花のそばでは、
蜘蛛と蛾の出会い、自然界のひとつの運命の出会い、
循環のドラマと遭遇しました。

たぶん、花にやって来た蛾を、蜘蛛が待っていたのでしょう。
ちょうど、蜘蛛が運ぼうとしている場面に遭遇しました。

食物連鎖は、人間がたぶん最も大量に、
生物たちの命をいただいているのですが、
どうやら、その認識が薄く、
無駄に、自然界の尊い命を奪ったり、
人間同士での、争いも増え続ける社会を、
創ってしまっています。

また、人間は自分たちのことだけしか考えずに、
他の生き物たちの出会いを妨げたり、
奪ったりしているのも現状でしょう。

そして、それに気づいていないのが、
現代の人間界の様々な問題を引き起こしている
要因にもなっているでしょう。

どうぞ、小さな自然界の出会いや、循環に触れて、
命を感じてください。

自分自身の命を繋いでくれている命を感じてください。

命の大切さは、たぶん他人事になってしまっていることで、
奪われてしまっている、状況も見ても、
なかなか、行動が変わるところまではいかないでしょう。

それよりは、自分自身の命に繋がる、
小さな命を感じることの方が、
その尊さ、大切さは感じられるでしょう。

育ってくれるのを、実際に見守った植物たちを、
いただくことには、大きな意味があります。

また、そこで起こっている様々の命のドラマを、
聞いたり、読んだりするのではなく、
実際に見て、触れて、感じることが大切です。

どうぞ、今日も、
自然と深く関わり、深く感じてください。

小さな自然の中にも、自然界の全てがあります。

命の尊さを感じるためには、
実際に、支えてくれている命を感じることです。

いつもは、何気なく見過ごしている、
目の前の小さな自然の中に、様々なドラマがあり。
そのひとつひとつに深い意味があります。

どんなに脚色された、人間の創ったドラマを見るより、
小さな自然の、実際に命を繋ぐ場面を見る方が、
大いに学べることを、きっと感じられる、
今日も素晴らしい一日になりますね!

どうぞ、貴い命を存分に燃やし尽くしてください。

今日の名言はこちら!
今日の成功法則はこちら!
浜本哲治のメールマガジンはこちら!
浜本哲治の書籍一覧はこちら!
自然塾はこちら!

コメント


認証コード8523

コメントは管理者の承認後に表示されます。