酢漿草(かたばみ)の花です。

酢漿草(かたばみ)の花です。

酢漿草(かたばみ)の花です。

おはようございます!
梅雨の晴れ間でしょうか、
真っ青な夏空が広がり、
久しぶりのように感じる太陽の陽射しが心地良い朝です。

今日6月13日は、

  • 小さな親切運動スタートの日
    1963年のこの日、「小さな親切」運動本部が発足した。
    その年の東京大学の卒業式の告辞の中で、茅誠司総長が
    「小さな親切を勇気をもってやってほしい」と言ったことがきっかけとなって、
    6月13日に茅氏を始めとする8名の提唱者が、運動を発足させた。
    「できる親切はみんなでしよう それが社会の習慣となるように」
    「人を信じ、人を愛し、人に尽くす」をスローガンに運動が進められている。

  • 鉄人の日
    1987年のこの日、プロ野球広島東洋カープの衣笠祥雄選手が、
    2131試合連続出場の世界記録を作った。
    それまでの記録は、アメリカ大リーグのルー・ゲーリック選手が持っていた。

  • FMの日
    F・Mがそれぞれアルファベットの6番目と13番目であることから。
    周波数変調の起こりとは全く無関係で制定年も不明。

  • はやぶさの日
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所がある
    神奈川県相模原市が2012年に制定。
    2010年のこの日、小惑星探査機「はやぶさ」が
    小惑星「イトカワ」までの7年間の旅を終えて地球に帰還した。

今日の誕生花は、

  • 桔梗(ききょう)
  • ジギタリス
  • ブライダルベール
  • 時計草(とけいそう)
  • エピデンドラム
  • 京鹿子(きょうかのこ)
  • 木立矢筈葛(こだちやはずかずら)ツンベルギア

酢漿草(かたばみ)

酢漿草(かたばみ)の花です。

ピンクの可愛らしい花を
庭のあちこちに咲かせてくれています。

コンクリートガーデンでも、
さっそく、花を付けています。

この子も、雑草として忌み嫌われるところから、
家紋や校章になるほどの由緒があったりと、
受け取り方が大きく違う子ですね。

酢漿草の花言葉は、

「輝く心」「喜び」「母親の優しさ」

全ての人に愛が受け入れられることはない。

自然界の法則の、
わかりやすい例として、
酢漿草の受け止め方があるでしょう。

雑草として嫌われ、排除する人もいれば、
家紋にして、大切にする人もいます。

自然界での、一人ひとりの受け取られ方は、
こんな感じだと考えるといいでしょう。

全ての人に、好意を持って受け入れられることは、
まずあり得ません。

好意を持たれないどころか、
排除しようとされることも、
どんな方向に、才能、能力、自分自身を磨いても、
あるということですね。

ですから、受け入れられないだけでなく、
嫌われたとしても、全く気にすることはありません。

もちろん、自分自身が精一杯の愛を元に、
愛を届ける、磨き込むチャレンジをすることは、
何よりも大切なことですね。

これがなければ、
自分が何をしたいのかさえ、
わからなくなるかもしれませんね。

あなたの精一杯の愛は、
必ず、その愛を必要としてくれる人がいます。

必要としてくれる人に、
これまた、精一杯届けていけばいいだけですね。

届かない人、嫌われる人に、
心乱されないことです。

それが、自然界の自然な姿だと知っていれば、
気にすることも、心乱されることもありませんね。

全ての人に受け入れられる愛はありません。
全ての人に受け入れられようとした愛は、
何の特徴もなく、結局誰にも受け入れられなかったり、
その特徴のなさを嫌う人が出てくるだけです。

千差万別の反応に、右往左往して、
焦点が定まらないチャレンジ、
中途半端なチャレンジになってしまっているケース、
それで苦悩しているケースは多いです。

これでは、せっかくの素晴らしい才能がもったいないです。
宝を持ち腐れにしてはいけません。

どうぞ、今日も、
あなたの愛を必要としてくれる人のために、
どんどん深い愛にすべく磨き込み、
どんどん届けてください。

そのことに専念していれば、
あなたの心が、どんどん輝いてきて、
さらに深い領域が見えてきたり、
広く届いていくチャンスを引き寄せることになりますね。

あなたにしか届けられない愛を、
あなたらしく、どこまでも追求する、
これ以上ない、素晴らしい一日を、
今日も存分にお愉しみください!^^

酢漿草(かたばみ)の花です。

a:706 t:1 y:0

コメント


認証コード3500

コメントは管理者の承認後に表示されます。