今日の誕生花の椿、乙女椿(おとめつばき)の花です。

今日の誕生花の椿、乙女椿(おとめつばき)の花です。

今日の誕生花の椿、乙女椿(おとめつばき)の花です。

おはようございます!
昨日とは違う、霞んだ月が、
しっとりとした、素敵な朝を引き上げてきました。

今日1月25日は、

  • 主婦休みの日
    サンケイリビング新聞社が2009年から提唱。
    年3回、1月25日、5月25日、9月25日であるとする。
  1. 家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日。
  2. 家族が元気になってニッポンも元気になる日。
  3. 夫や子どもが家事にチャレンジする日&パパと子どもが一緒に行動する日。
    としている。

  • 美容記念日
    明治・大正・昭和・平成の4つの時代を通して、
    見かけだけではなく心も体も美しくなることが美容の本来の意味であると、
    日本で最初に提唱した美容家メイ牛山の誕生日にちなむ。
    健康食という概念をつくり、健康と美容の両立の概念を広めた。
    女性が楽しく美しくいられる社会は平和な社会であるとの
    美容哲学と平和理論に基づく。

  • 日本最低気温の日
    1902年のこの日、北海道旭川市で、
    日本の最低気温の公式記録・-41.0℃を記録した。
    1978(昭和53)年2月17日に幌加内町母子里の北大演習林で
    これより0.2℃低い-41.2℃を記録したが、
    気象庁の公式記録の対象から外れていたため、
    旭川の記録が公式の日本最低気温となっている。

  • 中華まんの日
    日本最低気温の日に因み、
    寒い日には中華まんを食べて暖まってもらおうと制定。

  • ホットケーキの日
    日本最低気温の日に因み、
    寒い日にはホットケーキを食べて暖まってもらおうと制定。

  • 左遷の日
    901(延喜元)年のこの日、右大臣・菅原道真が醍醐天皇によって
    九州の大宰府に左遷された。
    彼の才能を妬む左大臣・藤原時平は、道真を罪に陥れてやろうと策略し
    「道真は国家の政治を私物化している」と醍醐天皇に何度も讒言した。
    これにより、天皇も道真のことを逆臣と思いこむようになり、
    901年1月20日に菅原道真を太宰権帥に左遷、筑紫国に流罪とすることとした。
    長年住み慣れた自宅の庭に植えられていた梅が咲いているのを見て
    「東風吹かば匂ひ送来せよ梅の花 主無しとて春を忘るな」と詠み、
    この日、都を旅立った。その梅は菅原邸から太宰府の庭まで飛んで行って
    そこに根づいたという「太宰府の飛梅」の伝説がある。
    菅原道真は無念の思いを抱きながら、
    2年後の903(延喜3)年2月25日に亡くなった。

  • お詫びの日
    1077年のこの日、神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世がローマ教皇
    グレゴリウス7世に「お詫び」をする「カノッサの屈辱」の事件があった。
    ハインリヒ4世はイタリアの支配を目指し、ミラノ大司教等を次々と任命した。
    グレゴリウス7世がこれらの教皇を無視した皇帝の行為を
    激しく非難したのに対しハイリンヒは激怒し、
    直ちに諸侯を集めて教皇の廃位を決定した。
    これに対して教皇も、1076年2月に皇帝の廃位と破門を宣言した。
    破門の知らせを受けた諸侯たちは、次々とハイリンヒに叛旗を翻した。
    そこでハイリンヒは、教皇から破門を解いてもらう為に、
    グレゴリウス7世が滞在している北イタリア・カノッサ城を訪れた。
    しかし、グレゴリウスはなかなか会おうとせず、
    カノッサ城外で悔恨の心を示すことを要求した。
    ハイリンヒは1月25日から3日間、雪の中、裸足に粗末な修道衣だけの姿で
    城の前に立ち続け、ようやく教皇の赦免を受けることができた。
    しかし、赦免を受けた皇帝は巻き返しを謀り、
    教皇との対立は再び激化して行った。この争いは以降約半世紀も続いた。

  • 初天神
    毎月25日は天神の縁日で、一年で最初の縁日は「初天神」と呼ばれる。

  • バーンズ・サッパー/バーンズ生誕日
    スコットランドの詩人ロバート・バーンズの1759年の誕生日。
    スコットランド地方ではこの日、生誕を祝ってこの日の夜に
    バーンズの作品を朗読し、肉料理を食べる。

  • 法然忌
    浄土宗の開祖・法然の1212(建暦2)年の忌日。

今日の誕生花は、

  • 耳菜草(みみなぐさ)
  • 繁縷(はこべ)
  • 枇杷(びわ)
  • ストック
  • プリムラ・ポリアンサ
  • 金鳳花(きんぽうげ)
  • 椿(つばき)
  • 愛の簪(あいのかんざし)バウェラ
  • ヒース
  • プリムラ

今年の乙女椿は、
去年までとは、全く違う花の咲かせ方をしています。
咲き出しも早いですね。

この子が、何を感じ、考えているのか、
非常に興味がありますね。

ふとした瞬間に、気づかせてくれたりしますから、
少し深く感じてみようと考えています。

椿の花言葉は、
「完全な愛」「完璧な魅力」「女性らしさ」「誇り」
「控えめなやさしさ」「美徳」「おしゃれ」「理想の恋」
「私は常にあなたを愛します」

赤「気取らない優美」「気取らない魅力」
「見栄を張らない」「自然の美徳」「慎み深い」
「控え目な美徳」「高潔な理性」
白「最高の愛らしさ」「申し分のない魅力」「理想の愛」
「至上の美」「理想的な愛情」「冷ややかな美しさ」
「控え目な愛」「素晴らしい魅力」「誇り」

乙女椿は、非常に洗練されて、完成度が高いと感じられる、
花を咲かせる子ですが。

この完成度の高い花を、
たくさん、毎年咲かせ続けることは、
人間のことと置き換えてみるとわかりますが、
当たり前のレベルが高いということですね。

ひとつや一度であれば、
エネルギーの共鳴のタイミングなどが合って、
偶然のように、できることはありますが。

それを、再現性を持たせて、
常に起こし続けることは至難の技です。

乙女椿が咲かせる花は、頂点ではなく、
波の振幅の真ん中、振り子の最下点でしょうね。

才能、能力の進化は、
まず、思いやイメージの進化から始まります。

夢の実現も、能力のレベルも、
あなたが思った以上、イメージした以上にはなりません。

また、イメージした、思ったレベルに対して、
到達できるレベルは、せいぜい8割のレベルでしょう。

年初に立てた、実現したい夢を、
実際に実現していくには、
目指す夢自体を、進化させることです。

同じレベル、到達点の夢をイメージしている限り、
その夢の実現の可能性は、極めて低いでしょう。

夢の実現のために、日々、能力を進化させるためには、
日々、夢も進化させていくことですね。

当初定めた夢が、当たり前のレベルになるほどの、
夢の進化が実現できれば、
間違いなく、才能、能力も進化していきます。

才能、能力の進化のためには、
目指す夢が必要ですが、
進化したチャレンジが実現していかなければ、
夢の実現が当たり前の才能の進化は実現していきません。

今、当初立てた夢から、
目指す夢が、どれほど進化しているか、
ぜひ、チェックしてみてください。

そして、今日も、
昨日目指した夢を、必ずバージョンアップさせてください。
昨日を超えるチャレンジを実現していくためには、
どうしても必要なことですね。

チャレンジを固定化してしまっては、
成長、進化は止まってしまいます。

どうぞ、どこまでも可能性のある、あなたの才能を、
夢を進化させることで掘り起こしてください。

進化した夢を目指す今日は、
きっと素晴らしいチャレンジのできる一日になりますね!

思いっきりお愉しみください!^^

a:1363 t:1 y:0

コメント


認証コード3263

コメントは管理者の承認後に表示されます。